骨盤ストレッチダイエットの方法と効果

日常生活 正しい立ち方、すわり方

正しい立ち方

正面 側面

背筋をスッと伸ばした正しい姿勢が、引き締まった美しい体をつくる基本です。

背筋を伸ばし、あごを引いてまっすぐ前方を見る。
おしりをキュッと締め、おなかを引っ込める。
両足をきちんとそろえる。
操り人形が頭の上で糸を引っぱられているようなイメージを描くとスッと背筋が伸びる。
耳たぶの下→肩のつけ根→腰の高い地点→ひざ→くるぶしの少し前の5点が、垂直線上に並ぶようにする。

姿勢が悪いと骨盤がゆがむ原因になり、それに伴って足や背骨、首、頭蓋骨なども連鎖的にゆがんでしまいます。


正しいすわり方

正しい姿勢ですわれば、骨盤矯正に効果があるばかりでなく、気分もシャキッとしてきます。

背筋を伸ばして、イスに深く腰かける。
すわる前に、意識しておしりをキュッと引き締める。
ひざから下をぴったりそろえる。 足の裏はしっかり床につける。
正座をするときは背筋を伸ばして、きちんとすわる。

おかしなすわり方をして癖になると、体によくない影響を与えることになります。

(編集・制作 (株)主婦の友社)


ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ