りんご寒天ダイエットの方法と効果

りんご寒天ダイエットの効果とは?

寒天とりんごが持つ2種類の食物繊維が食べすぎ、脂肪の吸収を抑える

水嶋クリニック院長  水嶋丈雄 先生

寒天は空腹感を感じないですむダイエット食材

 寒天はテングサという海藻から作られている食材です。あの棒寒天のスポンジ状の繊維質が、ガラクトースという水に溶けない、つまり人体で消化吸収されない不溶性食物繊維なのです。消化吸収されない=ノンカロリーですから、寒天はいくら食べても脂肪として体内に蓄積される心配はありません。しかも、消化されないということは、胃での滞留時間が長く、食べたあとの満腹感が長つづきするのです。このような特性から、寒天は空腹感を感じないですむダイエット食材といえます。


寒天は腸内の老廃物も取り除いてくれる

 さらに、寒天にたっぷり含まれているこの食物繊維は、腸内にある、消化途中の余分な脂肪、老廃物、悪玉コレステロールなどを絡めとってくれます。そして便の量をふやして腸の蠕動運動を促し、排泄をスムーズにします。ですから便秘改善にはもちろん、脂肪などが体内に吸収されるのを防ぐので、この点もダイエット向きといえるわけです。
 もうひとつ、寒天がダイエット向きである理由があります。それは、寒天にはごく少量ですがカルシウムなどのミネラルが含まれている点です。カルシウムなどのミネラルには精神を安定させる作用がありますから、ストレス太りを抑制します。また、ミネラルはエネルギーの代謝を高めるのにも重要な栄養ですから、しっかりと補充することは、肥満を防ぎます。


りんごは寒天の欠点を補うのに最適

 これだけ聞くと、完璧なダイエット食材のように思える寒天ですが、じつはひとつだけ欠点があります。その欠点というのは、海藻類すべてに通じるものなのですが、東洋医学でいうところの“体を冷す食べ物”であること。ですから、ダイエットやお通じのためとはいえ、食べすぎてしまうと女性はとくに冷えを引き起こすおそれがあるのです。
 この欠点を補うのに最適な食品が、体をあたためる効果を持つりんごです。寒天で冷やされた体をりんごであたためるという効果以外にも、りんごを加えることでさらなる相乗効果が期待できます。


ペクチンが体内のコレステロールを消費

 りんごにはペクチンという水溶性食物繊維が豊富です。主な働きは、腸内の善玉菌をふやすだけでなく、腸内で胆汁酸が吸収されるのを防ぎます。胆汁酸は消化液のひとつで、コレステロールを材料にして肝臓でつくり出されます。食べ物の栄養が腸で吸収されるのを助ける役割をしているのですが、同時に胆汁酸自身も吸収され、肝臓に送られて再利用されます。ですから、ペクチンによって胆汁酸の吸収が阻まれると、肝臓で新しく生産しなくてはならなくなり、これが体内のコレステロールの消費につながるのです。


りんごには美肌・美白効果も

 さらに、りんごのポリフェノールには、優れた抗酸化作用がありアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の改善に効果があります。抗酸化とは、細胞がさびついて老化するのを防ぐことですから、美肌・美白効果もあり、その点も注目されています。りんごを加えて作るりんご寒天。おいしく食べて、ダイエットや健康維持に、ぜひ役立ててください。


PROFILE

みずしま たけお先生
1955年、京都府生まれ。大阪医科大学卒。長野県厚生連佐久総合病院勤務をへて現職。
西洋医学と東洋医学の長所を活かした治療を行っており、日本全国から患者が集まる。
『免疫力アップで心と体の病気を治す』(主婦の友社刊)など著書多数

(編集・制作 (株)主婦の友社)


ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ