りんご寒天ダイエットの方法と効果

りんご寒天ダイエット成功体験談(1)

体験談1 空腹感なく、おいしく食べて2カ月で8kg減!朝の目覚めも胃腸の調子も良好

長野県 斉藤一久さん(仮名/29才・調理師)


 子供のころから食べることが大好きだった僕は中華料理店に就職。その間、勉強と称しては食べ歩きを重ねていました。仕事中も油っこい中華料理を味見していますし、一日中立ちっぱなしでおそくまで働きますから、夜中に賄い食をバカ食いするわけです。もちろん体重も着実にふえていて、2~3年前には身長168cmで体重が90kg台に。職場の健康診断の結果も思わしくありませんでした。
そんな僕に、妻はすぐにりんご酢寒天を作ってくれ、毎日食べることにしました。そうはいっても僕は食いしん坊ですから、おいしくなかったらつづかない。このりんご寒天はうっすらと甘くさわやかな酸味があって、コリッとした歯ごたえがおいしいんですね。
食べ方は夕飯のかわりに、600ml分、ときどきヨーグルトをかけたりしながら食べます。夕食はこれだけですが、かなりお腹がいっぱいになるんですよ。

しかも消化がいいから朝は目覚めがさわやかで胃腸の調子がよく朝食がおいしく食べられます。食べるとすぐに便通があって、これまたさわやか。昼は賄い料理ですが野菜中心の食事をします。で、やっぱりときどきうっぷんがたまるので、休日は妻と外食して好きなものを好きなだけ食べるんです。

りんご寒天を食べ始めて、朝の目覚めやお通じがよくなったのは4~5日。体重はダイエットグラフにあるように、減ったり戻ったりを繰り返しながらも、下がってきて、結果2月で8kgも減りました。
体重が減るごとに体調もよくなりましたね。一日立ち仕事をしたあとは脚がパンパンにむくんで、車を運転するのにアクセルとブレーキを踏むのもつらくて、あまりひどい状態のときは、僕自身とても不安でした。でもいまは、以前ほどむくまなくなり、仕事帰りに車を運転するのも余裕があって精神的にも楽です。

斉藤さん流りんご寒天の作り方

材料
棒寒天1本とりんご酢 50ml
・ブルーベリーエキス 100ml
・水 600ml


  • 1

    棒寒天を適当な大きさに切り水に20分つけてふやかす。ふやけたらもみ洗いをして汚れをとる

  • 2

    1の水けをしぼり、こまかくちぎって鍋に入れ、分量の水で煮溶かす。ふきんで漉すとなめらかになる

  • 3

    2にりんご酢とブルーべリーエキスを合わせたものを流し入れ、よくかきまぜたら型に入れる

  • 4

    3のあら熱がとれたら、冷蔵庫で冷やし固める。「うちはこれで1回分。3回分はまとめて作ります」

水嶋丈雄先生のアドバイス

食べることが大好きという斉藤さん。りんご寒天なら、600ml分食べてもカロリーは200~300kcal程度。ごはん1~1.5膳分なので太る心配はありません。夕食をりんご寒天ですませ、朝昼をしっかり食べるというのは、胃腸にもやさしい健康的な食べ方です。

(編集・制作 (株)主婦の友社)


ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ