バレエ・ダイエットの方法と効果

ほっそり可憐な憧れボディーをつくる!バレエ・ダイエット

バレリーナのしなやかなボディラインは、日々のエクササイズによって保たれているもの。バレエのエクササイズはダンサーに限らず、引き締まった体を手に入れたいすべての人におすすめです。今回紹介する、ニューヨーク・シティ・バレエ・ワークアウトはバレエの基本の動作をエクササイズに取り入れたもので、日本をはじめ、世界各国で注目を集めています。美しいボディラインを手に入れたいあなた、さっそく始めてみて!


バレエストレッチ前のウォームアップ

バレエストレッチ後のクールダウン

床で行うエクササイズ

立って行うエクササイズ

監修:稲垣領子 先生

日本初の「ニューヨーク・シティ・バレエ・ワークアウト」公認インストラクター。
STUDIO24主宰。現代舞踊協会会員。高齢者運動実践指導員。
筑波大学大学院非常勤講師。
HP:http://www.linkclub.or.jp/~reiko



この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

バレエ・ダイエット 基本の姿勢と足の位置

1
正しい姿勢を身につけよう OK 脚をそろえて立ち、おなかと腰に手を当てるとわかりやすい。骨盤をまっすぐにして、おなかを引き上げて。 NG おなかが前... 続きを読む

バレエの基本の動き「プリエとルルベ」

腕を体の前でひじを外側に広げるようにして、脚は2番ポジションからスタート。背筋をまっすぐ伸ばし、視線を前へ向けて呼吸を整えましょう。 腕を真横に広げ、脚の内側の筋肉を伸ばしながら、ひざをゆっくりと曲... 続きを読む

筋肉をゆっくり目覚めさせる「ウォームアップ」

脚をそろえてまっすぐ立ち、腕はひじを外側に広げるようにします。ひざを曲げながら、腕を左右にゆっくりと広げていきましょう。 ひざを伸ばしながら腕を真上に上げたら、胸の前に下ろします。ひじを外に広げるよ... 続きを読む

骨盤の位置を正して美しい姿勢に「プリエとルルベ」

1番ポジションで立ちます。腹筋を引き上げて骨盤をまっすぐにしましょう。腕はひじを外側に広げるようにします。 両手を横に広げながら、ひざをつま先と同じ方向にゆっくりと広げます(プリエ)。脚を股関節から... 続きを読む

下半身に最も効果的「デガジェ」

右脚を前にして3番ポジションで立ち、体の前で軽くひじを張ります。そのままプリエに。 腕を左右に広げながら、右脚を前に伸ばして床から離します。このとき軸脚も一緒に伸ばして。そのあと3番ポジショ... 続きを読む

おなかをギュッと引き上げる「フロアバレエ・パッセエクステンション」

右脚を曲げたまま、ゆっくりと胸に引き寄せます。このとき、つま先は伸ばしておきましょう。 息を吐きながら、右脚をまっすぐ上に伸ばします。つらいときは、脚を少し下げてもOK。つま先までまっすぐ伸ばしまし... 続きを読む

ももの内側と下腹部を引き締める「タンデュ」

かかとをピッタリつけて、1番ポジションで立ちます。おなかを引き上げて体をまっすぐに。手は腰骨にあてて、骨盤を意識しましょう。 1番ポジションのまま、ゆっくりプリエの姿勢に。股関節を開いて、つま先... 続きを読む

引き締まったウエストに「アブドミナル」

脚をそろえてあおむけに寝ます。ひざを軽く曲げ、手は耳の後ろにあてます。まっすぐ上を見て、呼吸を整えましょう。 息を吐きながら上体を起こしましょう。このとき、背中を反らさないことと、首をひっぱらないこ... 続きを読む

引き上がったおしりをつくる「ヒップ」

うつぶせになり、脚を閉じます。顔は起こさずに、額を床につけて。両ひじは体の横で曲げて、床にピッタリとつけましょう。 右脚を伸ばしたまま上げます。骨盤が床から離れないように注意して。ひざを曲げないよう... 続きを読む

立って行うエクササイズの終わりに「シャンジュマン」

右脚を前にして3番ポジションでまっすぐ立ちます。腕は軽くひじを曲げて、指先を内側に向けましょう。 3番ポジションのまま、プリエの姿勢に。このとき、骨盤がかたむかないように注意して。 プリエ... 続きを読む

今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ