ポイント
同じ病院に通い続けるのと、病院をコロコロ変えるのとでは、それだけで医療費が数万円も違ってきます

初診料だけでもこんなに違う 診療所に月4回通う場合…

同じ病院なら

  • 1回目   初診料…2,700円
  • 2回目   再診料……710円
  • 3回目   再診料……710円
  • 4回目   再診料……710円
  • 合計4,830円

違う病院だと

  • 1つ目の病院  初診料…2,700円
  • 2つ目の病院  初診料…2,700円
  • 3つ目の病院  初診料…2,700円
  • 4つ目の病院  初診料…2,700円
  • 合計10,800円

その差 5,970円


同じ病院に通えば「再診料」で済むところが、違う病院に通うとその都度「初診料」がかかります。そのうえ、病院を変えるごとに同じような検査をされたり、薬を出されたりするので、医療費の差が数万円に及ぶことも珍しくありません。

ハシゴ受診には他にもこんなデメリットが

体に負担

病院を変えると検査はやり直し。薬漬けや検査漬けを招くため、体への負担が心配です。

時間のムダ

同じような問診や検査をその都度受ければ、時間もムダです。

薬の重複投与の危険

別々に薬を処方されるため、副作用の危険がないか心配です。

治療が中途半端に

医師は計画のもとに治療を進めているもの。途中で病院を変えれば治療が中途半端になりかねません。

医師の信頼も得にくい

病院を変えてばかりいると、転医先の医師にも「またすぐに移るかもしれない」と思われかねません。

病院を変えるならこんなとき…

努力しても説明してくれないとき

質問の仕方を工夫するなど努力しても、医師が説明をしてくれないなど、医師の態度に問題があるとき

医師の技量に信頼がおけないとき

標準的治療とかけ離れた治療を行うなど、技術的な面で医師に信頼がおけないとき

重大な病気でセカンドオピニオン(主治医以外の医師の意見)を求めたいとき

「がんと診断されたが本当か」「手術するか抗がん剤でいくか選ぶように言われた」など難しい判断が必要となり、決断が難しいとき