何が求められるの?転職先によって変わる適性とは

企業で働く薬剤師には何が必要?

 一般企業に就職する場合、病院や薬局の同僚とは違ってさまざまな属性の人と職場を共にすることになります。薬剤師は会社や部署に自分一人だけ、ということもあり得る世界ですから、一般的なコミュニケーション能力は必須です。会社組織の一員であるという自覚をしっかり持てて、社風になじめるかどうかがカギとなります。例えば、思ってもいないような部署に配置されてもモチベーションを維持しながら、自分の力を発揮できるようにがんばれるようなタイプの人にオススメの選択肢です。

忙しくても集中できる?調剤薬局のお仕事

 病院帰りなどのお客さんが持参した処方箋を受けて、薬の販売と服薬指導をするのが調剤薬局です。接客と調剤を忙しく行き来するシーンが多いのですが、すぐに気持ちを切り替えて集中できる能力が期待されます。そして、やや単調な作業を続けても平気で、忙しさに波があっても対応できることが調剤薬局で働く上での適性のひとつです。また、小さな店舗では、調剤ブースが窓口や外から見える状態ということもあるので、見られていても気にせず落ち着いて作業ができるようなタイプの人に向いているでしょう。

様々な作業を臨機応変に!ドラッグストア勤務

 薬を販売する以外にも生活用品や食品を取り扱うなど、いろいろな側面を持っているのがドラッグストアです。薬剤師としての、服薬の指導や薬についての相談を受ける業務にとどまらず、お店の中のさまざまな業務を手伝うシーンが発生する可能性があります。薬ではない商品を探しているお客さまの手助けをしたり、質問に答える、忙しい時にはレジを担当するなど、幅広い状況で接客に携わります。人と接しながら薬剤師としての知識を活かすことができる転職先だと言えるでしょう。

病院薬剤師には幅広い心遣いが必要

 病院勤務の薬剤師は、医療の現場で直接患者さんに接触する機会が多くなってきます。病棟勤務では症状の重篤な方に関わることもあり、時には治療のために薬の専門家として意見を求められることもある立場です。担当している患者さんが亡くなったりすることも含めて、精神的な強さが求められると言えるでしょう。また、体調の悪い方に対して服薬指導を行うことが多いため、やさしくやわかりやすい説明の工夫など、幅広い心遣いのできる人物が求められています。

薬剤師全般に共通している適性とは?

 医薬品を扱う薬剤師の仕事は責任が大きく、常に正確さが求められます。自分の体調不良によるミスや、忙しさから来る入れ間違えなどがないように仕事を続ける、慎重な人柄の人が多い職業です。
薬剤師として働くどんな職場においても、服薬指導のわかりやすさ、接客の良さなど、専門家として薬を調えた後の対応などコミュニケーション能力の高さが求められる傾向が強まっています。職場によっては、薬剤師の仕事もサービス業の一種だととらえた方がよい時代なのでしょう。
 自身に適した職場で働けているのか、また時には自分の薬剤師としての適性そのものに疑問を抱いてしまうことがあるかもしれません。迷った時には少し立ち止まって、考える時間を持つことで心をリセットしてみてはいかがでしょうか?転職の考慮をしたりのんびりと休養をとることで、薬剤師としてのやりがいを確認できるかもしれません。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!