薬剤師にとって転職のベストなタイミングとは?

転職の好機はもちろん「思った時」がベスト

 新しい環境やキャリアアップを求めて転職するためには、それなりにエネルギーがいるものです。なんとなく転職したいなと感じたり、もっといい条件があるのではと考えていても、大きな不満やきっかけがないとなかなか実行には結びつかないかもしれません。
 
 人それぞれに置かれている環境は違いますが、転職を本気で思い立ち、すぐに求人を調べ始めた、など高いモチベーションが発生するならば、それがベストな転職タイミングだと言えるのではないでしょうか。最適な時を考えすぎて、ちょうど良いタイミングを逃してしまう可能性もあります。ある程度の条件が揃っていれば、強く「転職したい」と感じたその時が、ベストな時期だと言っても良いでしょう。

薬剤師の転職タイミングに多い時期はいつ頃?

 薬剤師資格を持つ人が転職するタイミングに多いのは、結婚や転居などを除いて、3年目や5年目など勤続の節目です。平均勤続年数も3年ほどと言われており、割と短いスパンで転職することの多い職業だと言えるかもしれません。
 
 資格職であり、求人も見つけやすい職種である薬剤師は、よりよい環境や条件を求めて転職することが珍しくなく、キャリアアップを狙える機会も多くなっています。また、やりがいを求めてより専門的な転職を希望する方がいる一方で、家庭との両立などを求めて負担の軽い職場を探すパターンもあるようです。このように薬剤師には、ライフプランの変化に合わせたタイミングでの転職も多いと言えるでしょう。

求人の多い時期は薬剤師の転職も有利に進められる?

 薬剤師の求人が増加する時期は、退職者が増える年度末やボーナス期であり、条件の良い求人が見つかる可能性があるでしょう。しかしそのことは同時に、転職活動を始める人も当然のように増えることを意味し、競争率も高くなりがちです。
 
 確かに年間を通して考えれば、求人数の波はありますが、自分の条件に合った求人がいつ掲載されるかはわからないのです。時期よりも条件を重視するなら、常に求人をチェックして好みの募集を見逃さないようにするほうが良いでしょう。

退職と転職先での仕事始めの兼ね合いをどう考える?

 転職する際には、できれば退職してから新たな仕事を探すよりも、在職中に次の就業先を決めておきたいものです。しかし、ここで問題になってくるのが、もとの職場の状況と転職先への入社時期の兼ね合いです。転職者であることから、ある程度は入社時期に融通をきかせてもらえることもありますが、なるべくスムーズに転職を進めるためにはどうすればよいのでしょうか。
 
 まず、退職する職場の状況をしっかりと見きわめておく必要があります。一般的には、2ヶ月から3ヶ月くらい前に退職を申請することになりますが、病院や薬局の状態によっては、もっと早く知らせるべき環境もあるでしょう。逆にあまり早く知らせすぎても、働きづらくなってしまう職場もあるかもしれません。欠員募集にかかる期間や引き継ぎの時間も考慮して、なるべく円満に、残る人に迷惑がかからないように考えながら、最適な時期を選択してください。
 もちろん、さまざまなことを考慮し、計画性を持って転職を進めていても、職場や自分自身に不測の事態が発生して、転職先への入社をずらしてもらわなければならないケースも考えられます。転職先とはしっかり連絡を取り合うと共に、いざという時どの程度の猶予が可能かについて、あらかじめ相談しておくと安心です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!