コミュニケーションも大切!調剤薬局の薬剤師の仕事

調剤薬局はどんな仕事をするところ?

 調剤薬局は、医師の処方に基づいて、薬剤師が薬を調合し、患者に渡す業務を担っています。以前は病院で薬の処方も行われていましたが、厚生労働省が医薬分業を進めた結果、薬の処方は調剤薬局で行うことが一般化しました。調剤薬局では、患者ごとに薬歴を作成し、患者へお薬手帳を配布することで、処方薬の管理を行っています。調剤薬局での薬剤師の主な仕事は、「処方せんの鑑査」と「調剤業務」、「服薬指導」、「薬歴管理」です。

調剤前に欠かせない「処方せんの鑑査」

 調剤薬局では、患者から処方箋を受け取ると、初回の患者に対して、質問票を用いて、アレルギーや既往歴、日常的に服用している併用薬、副作用を確認します。その後、患者が提出した処方箋に不正や不備などがないか、チェックしていきます。処方箋の有効期限と保険番号を照合した後、医師が処方した薬の内容について確認が主な業務です。処方箋の内容と患者のお薬手帳と照らし合わせて、重複投与と相互作用を引き起こす恐れのある薬の処方がないかについても見ていきます。処方内容に問題があると思われる際には、医師に疑義照会を行い、問題解決が図れた後、「調剤業務」へと進みます。

ダブルチェックで行う「調剤業務」

 調剤の作業では、処方せんに従って医薬品を混合、粉砕、分包する調剤を行います。全自動錠剤払出機や散剤分包機、水剤分注機などの調剤機器を用いることで、業務の効率化が図られています。調剤機器の設置状況は、薬局によって差のある部分です。調剤が完了すると、調剤を担当したのと別の薬剤師が、処方箋の内容との監査をします。薬局によっては、過誤や併用禁忌などのリスクをアラートで知らせる過誤防止システムが導入されており、安心です。

安全な服用のための「服薬指導」と「薬歴作成」

 窓口で薬を示しながら、薬剤情報提供書をもとに、薬それぞれの用法を説明していきます。飲み方や飲むタイミングなどの服用方法や保存方法に注意が必要なケースでは、患者に必ず伝え忘れないようにしなければなりません。患者とのコミュニケーション力が求められます。薬の飲み方によっては、症状を悪化させる可能性があります。その後、「役歴の作成」を行います。患者が服用している他の薬や副作用歴、アレルギーなどのヒアリング内容、説明した内容を毎回記録します。次回以降の服薬指導の参考となるものです。

キャリアアップを目指そう!管理薬剤師の業務

 管理薬剤師は、薬事法に基づいて、調剤薬局でも店舗ごとに配置が義務付けられている管理的なポジションです。薬剤師資格以外に必要な公的資格はありません。おおよそ、経験3
 年以上の薬剤師が就くことが一般的ですが、半年ほどで任されることもあります。医薬品の管理やレセプトの管理が主な業務で、調剤薬局では、薬の副作用情報などの情報収集なども担います。教育面では、他の薬剤師を管理し、患者に対して処方された薬や服薬指導が適正であったか管理や教育指導にあたるのも、管理薬剤師の仕事です。
 調剤薬局では、処方箋の内容に基づいた薬を処方するだけではなく、患者とのコミュニケーション能力が求められます。アレルギーや副作用歴については、きちんとヒアリングを行うとともに、処方する薬の注意点を明確に伝えることが大切です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!