調剤薬局と何が違うの?漢方薬局で働く薬剤師の仕事とやりがい

何が違う?調剤薬局との違い

 漢方薬局というと、薬剤師でもあまりなじみのない人もいるのかもしれません。最近では、西洋医学の医師が漢方薬を処方することもあり、漢方薬が注目されています。一般の調剤薬局でも漢方薬を処方することがありますが、漢方薬局で出される薬とは違いがあるのでしょうか。
 調剤薬局で出される漢方薬は、エキス剤という粉薬です。対して漢方薬局ではエキス剤も取扱いますが、植物の根、茎、葉といった生薬を、煎じて調剤することが特徴です。生薬の取り扱いには、薬局製剤製造販売業の許可が必要とされています。漢方薬局は注目されてきているとはいえ、まだ店舗の数が限られているのが現状です。

漢方は患者と相談のうえ、自分の判断で調剤する

 漢方薬局での薬剤師の主な業務は、漢方相談と調剤です。漢方相談は、患者が記入した問診票をもとに、薬剤師が気になる症状や生活習慣、運動量、ストレスなどをヒアリングし、身体の不調の原因を突き止め、処方薬を決定します。その後、診断に基づいて個々の患者に合った漢方薬を一つ一つ調剤していく作業となります。
 このように、調剤薬局では、医師の処方箋に従って薬を調剤するのに対して、漢方薬局では漢方相談でのヒアリングを踏まえて、薬剤師が調剤する薬の決定から行うことが特徴です。西洋医学の観点からではなく、東洋医学の考えに基づいた処方を行います。漢方薬に対する深い知識が必用で、診断や薬の処方に対する責任が生じますが、大きなやりがいを感じられる仕事です。現代の東洋医学では、症状が改善されなかったことが、漢方薬によって症状が軽減されることもあるようです。
 また、漢方薬は即効性というよりも、緩やかな効果が期待できる薬とされています。漢方薬を好む薬剤師にとっては、漢方薬局での勤務で、貴重な漢方薬に、見たり触れたりできることも大きな魅力でしょう。
 この他に、漢方薬局で働く薬剤師の仕事には、漢方薬の保管や在庫管理、漢方薬や生薬の販売などがあります。店舗によっては、地域の住民を対象とした相談会も催しています。

漢方薬を学んで専門性を身につけよう

 漢方薬は、大学の薬学部の授業でも、1~2コマ程度と、薬剤師になるまでのは、ほとんど学ぶ機会がありません。個人的に勉強会に参加するか、関連書籍を購読して知識を身につけるといった方法しか学ぶことができないのが現状です。もちろん、漢方薬局に就職してから、知識を身につける人もいます。
 漢方薬・生薬認定薬剤師認定制度は、日本薬剤師研修センターが実施している制度で、漢方薬・生薬に関する9回の研修会と1回の薬用植物園実習に参加し、試問に合格すると資格を取得できます。これは、漢方薬・生薬に関する専門知識を持っていることを証明できる資格となります。漢方薬局の中には、資格取得のサポート体制が整っているお店もあります。東洋医学の知識も、これからの薬剤師には求められるかもしれません。
 カウンセリングから診断まで、薬剤師が携われることが魅力の漢方薬局。漢方薬や生薬に関する深い知識が必用ですが、カウンセリングの結果から診断をして処方まで行うという面で、やりがいが感じられる仕事のようですね。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!