学校薬剤師ってどんな仕事?業務の内容とそのやりがい

なぜ学校に薬剤師が配置されているの?

 学校薬剤師は、大学以外のすべての学校に置かれいる役職であり、学校医や学校歯科医と同じように法律で配置が定められているものです。幼稚園から高等学校まで、公立・私立の区別なく学校薬剤師を置くよう義務づけられています。
 学校には、実験に使用する薬物や保健室の医薬品、清掃に使用する薬剤など、数多くの薬品類があり、取り扱いに注意を要するものも含まれています。元々は、これら学校で扱う薬品類を正しく管理するために、知識のある人材が必要との考えから生まれた職業が学校薬剤師です。
 時代の変遷とともに、学校薬剤師の役割も変化してきましたが、学生の健康と安全を守るために必要な職務の担当者として、多くの薬剤師が活躍を続けています。

学校薬剤師は薬品や衛生状態の管理が主なお仕事

 学校薬剤師は、まず学校の保健安全計画書を作成の上で、医薬品類の管理を行い、校内の衛生環境が適切に保たれているかどうかを検査します。
 教室では、空気の状態や気温・湿度、日中の照度・照明設備などについて調べます。授業の妨げになる騒音などが発生していないかどうかについて調査をするのも、学校薬剤師の仕事です。検査の上で問題がある場合には、教室環境の改善を指導します。
 教室だけでなく、夏場のプールの水質管理や、消毒が適切に行われているかについての検査も、学校薬剤師の重要な職務。伝染病などが蔓延することのないよう、しっかりと調べて安全な水泳授業が行えるように管理するのです。
 また、学校給食や水道水といった、児童・生徒の直接口にする飲食物に関わる設備の衛生環境についても、定期期に検査を行って、必要であれば改善の指導を行うこともあります。ねずみやゴキブリといった衛生害虫の防除についても関わり、生徒が健康に学校生活を送ることができるように、教職員にアドバイスをするのも仕事のひとつです。
 その他、ゴミの処理が適切に行われているか、清掃は十分にできているかなど、様々な学校の衛生環境について、検査・指導を行ったり、相談を受けて改善策を考えていきます。薬剤師の知識を生かししながら、教育現場に深く関わることができる職業なのです。

保健衛生や薬物に関する指導や相談も担当

 学校の衛生状態の検査・改善指導以外の学校薬剤師の仕事としては、生徒の健康相談や保健指導などがあります。特に薬品・薬物に関係した指導を担当することが多く、生徒と直接に接触する機会もある仕事です。生徒の年齢に応じて、飲酒や喫煙の影響などについての啓蒙活動や、薬物の乱用防止指導なども行います。
 正しい知識を持ってもらうことで蔓延防止につなげるために、スポーツにおける薬物ドーピング、近年問題として広がっている危険ドラッグの教育などに関わることも。薬だけではなく、生徒のアレルギー相談なども学校薬剤師が対応するケースもあり、必要に応じて検査条項を増やすなどの対処でよりよい学校環境を目指します。
 環境の管理と教育の両面から、生徒の健康な生活を守る役割を持つ学校薬剤師。学校職員の一員としてイベントに参加する機会もあり、地域の子供たちの成長を見守る楽しみもある仕事です。専門家としても、社会の一員としても、さまざまなシーンで大きなやりがいを感じられることでしょう。
 学校薬剤師は学校に常勤することは少ないため、学生時代の学校薬剤師について、あまり印象に残っていない人も多いかもしれません。見えないところで生徒のために働き、安全のために従事する仕事は派手なものではありませんが、重要な職務を担っていると言えるのです。