薬剤師に人気!製薬企業での主な仕事とやりがいは?

製薬企業で勤務する薬剤師の業務内容は?

 製薬企業では、薬剤師の資格が必須である職種と、薬剤師資格があると有利な職種があります。管理薬剤師は、薬事法によって製薬企業でも、拠点ごとに配置することが、義務付けられています。製薬会社では、研究・開発部門は花形とされています。主に薬学部の修士課程卒業以上の人が勤務していますが、薬剤師資格は必須ではありません。MRと呼ばれる医薬情報担当者は、薬学部出身者以外の文系学部を出た人でも、就くことが可能です。ただし、薬剤師は、専門性を持った医療情報の提供ができます。治験コーディネーターや臨床開発モニターなども、薬剤師が就くことの多い職種です。最近では、外資系企業を中心に、PMSと呼ばれる、市販後調査担当者を設ける企業が増えています。

デスクワークが中心!製薬企業の管理薬剤師の業務

 製薬企業の管理薬剤師は、調剤薬局や病院の製薬企業への勤務と比べて、土日休みで残業が少ないことから、人気のある仕事で、デスクワークが中心です。製薬企業の本社や支店では、営業活動用に保管する自社の医薬品の在庫管理を行っています。管理薬剤師としての業務以外にも、DI業務といわれる業務医薬品情報管理業務を兼ねて、病院の医師や看護師などからの問い合わせ対応も担うケースが多くみられます。MRに新薬を説明する学術職も、管理薬剤師との兼務となることが多い業務です。行政機関に提出する許認可申請の届出などの書類作成やファイリングなど、営業事務を含めた多岐に渡る業務を担当するケースもあります。支社では、MRから副作用情報と取りまとめ、本社へ報告するエスカレーション対応を行うことも多いです。ジェネリック薬品を取り扱う企業では、DI業務の比重が比較的軽い傾向があります。製造工場での管理薬剤師は、製品の品質管理や分析、出荷判定が主な業務です。工場によっては、シフト制の勤務となり、夜勤を伴うケースがあります。物流センターを自社倉庫とする製薬企業では、倉庫に管理薬剤師を配置しています。倉庫では、医薬品の在庫管理のみを担当することがほとんどであり、他の業務を兼任するケースはあまり見られません。ただし、製品の搬入や搬出作業にも関わる可能性があります。

花形の研究・開発の仕事

 製薬企業での研究職の主な仕事は、新薬の開発のため、基礎研究から創薬、動物実験を行う業務です。全ての研究が新薬に結びつくわけではない地道な作業ですが、人々の役に立つ、会社の未来の利益を担っているというやりがいを感じることができます。開発職は、臨床試験を行うため、大学病院等に試験を依頼し、試験結果のデータを回収する業務を行っています。研究職と病院の医師の橋渡しをする役割を担い、研究職同様、新薬の完成に関わる重要な仕事です。
 製薬企業は、薬剤師に人気の勤務先です。しかし、職種によって仕事内容は大きく異なり、転職先の企業による違いもあります。転職を考える際には、製薬企業で働きたいと一括りにせず、担当業務を理解しておくようにしましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!