薬剤師が転職しやすい!?治験コーディネーターとして働くには?

薬剤師は治験コーディネーターへの転職に有利

 治験コーディネーターは、必要とされる特別な資格はありませんが、薬剤師や看護師、臨床検査技師など、医療従事者からの転身が向いているといわれる仕事です。特に薬剤師は、医薬品に関する知識に長けており、新薬への理解が早く、薬剤部との調整もスムーズに行えることが期待されています。治験コーディネーターは、医療機関に所属することは少なく、多くはSMOという治験支援施設に所属しています。治験コーディネーターには、日本SMO協会の実施する「JASMO公認CRC試験」などの認定試験がありますので、資格を取得し、キャリアアップに役立てていきましょう。

治験コーディネーターに求められる資質

 治験コーディネーターは、コミュニケーション能力が大切とされる仕事です。治験責任医師や治験分担医師などの病院スタッフ、製薬企業の臨床開発モニター、被験者との調整を図る折衝能力が求められます。薬学的知識に限らず、臨床試験に関わる疾患の医学的な知識を身につけておく必要があります。臨床試験は、GCP省令といわれる医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令に基づいて進められていきますので、法的な知識も知っておかなくてはなりません。被験者に対しては、倫理的配慮を持って接することが望まれます。また、有害事象が起きた際には、リスクマネジメント能力が問われる等、ビジネスマンとしてのスキルが求められることを認識しておくとよいでしょう。業務上パソコンを使用することが多く、表計算ソフトや文書作成ソフトなども扱います。

SMOの治験コーディネーターへの転職のメリット

 治験コーディネーターは、医療機関では内部の人材が兼任することが多く、求人があるのはSMOがほとんどです。SMOに所属する治験コーディネーターは週休2日制で、土日は休めることが一般的です。病院勤務の薬剤師のように、夜勤もありません。SMOの多くは、福利厚生も充実しています。臨床開発モニターは全国の病院をまわるのに対して、治験コーディネーターは出張となるケースは少なく、近隣の病院へ出向くケースが大半です。一般の企業に勤めるように働きたい人にも、向いている仕事です。SMOでは、研修制度が設けられているところが多く、治験コーディネーターが未経験の人でも、安心して就労することができます。

転職エージェントを活用しよう

 治験コーディネーターへの転職は、転職エージェントに登録をすることがおすすめです。転職エージェントでは、一般には公開されていない求人も扱っていますので、多くの求人案件に触れることができます。また、薬剤師から治験コーディネーターへの転身を図る場合、初めての業務に対する不安等も相談できるといったメリットもあります。薬剤師とは違う仕事ですので、業務内容への理解を深める意味でも、転職エージェントを利用するとよいでしょう。
 治験コーディネーターは、薬剤師から転職がしやすい反面、コミュニケーション能力が必要とされるなど、ビジネスマンとしてのスキルが求められます。転職する際には特にビジネスマンとしてどのようなスキルを身に付ければよいか、確認しておくと良いでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!