日本と一緒だと思っていない?アメリカの薬剤師制度

日本とアメリカでは薬剤師の役割が違うってホント!?

 同じ薬剤師なのだから同じ業務を行うものだと考えてらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、日本とアメリカでは薬剤師の役割が大きく異なります。アメリカでは薬剤師は、薬の管理業務のみならず、保険会社との連絡や患者に対して副作用を説明する業務などを担う職種です。また、薬剤師が予防接種をする州もあります。薬のスペシャリストして、アメリカでは社会的な地位のある職種です。薬剤師の中にはコンサルタント薬剤師と言って、サービス向上のために直接医療機関などにアドバイスをする仕事もあります。

アメリカの薬剤師と背景

 アメリカは医療制度の面で日本とは大きく異なる点があります。公的な健康保険制度です。日本では、国民全てが健康保険に加入するよう義務付けられています。そして、健康保険に加入することによって国民医療費の負担を軽減しているのです。しかし、アメリカでは状況が異なります。アメリカには日本のような公的な健康保険制度はなく、公的な健康保険が適用されるのは高齢者や限られた人だけです。そのため、アメリカでは個人で民間の医療保険に入るしかありません。さらに、医療費の自己負担も日本に比べて高額になります。そのため、アメリカではまず病院にかかるのではなく薬で治す方が多く、店頭でも日本より強い成分の入った薬が販売されています。そこで重要な役割を担うのが薬剤師です。医者に気軽にかかれない状態の中、薬剤師の処方は重要なものになってきます。また、アメリカでは保険が適用できる薬が限られているため、薬剤師は薬の知識だけでなく保険が適用できる薬の知識やコミュニケーション能力が重視されています。

日本とアメリカの薬剤師事情

 日本で薬剤師は調剤を主な業務としていますが、アメリカでは薬剤師の業務が事細かに分類され、幅広い役割を担っています。アメリカでは薬剤師と調剤を行うテクニシャンとに分類されているのが大きな特徴です。また日本とアメリカの薬剤師の違いは処方権があるかないかが挙げられます。日本では医師の処方のもと、薬を調剤し処方するという仕組みです。しかし、アメリカも薬を処方する権利を持っており、医師の処方が適切かどうか監査することができます。またアメリカでは、患者や保険会社と接する機会が多きためコミュニケーションに重きを置いているのも特徴です。アメリカの薬剤師の教育ではコミュニケーションスキルを磨くためのカリキュラムが組み込まれています。

アメリカで薬剤師になるには?

 日本で薬学部を卒業しても、アメリカで薬剤師になるには再度勉強しなおす必要があります。外国人向けの薬学試験もしくは薬学部の博士課程を卒業後、インターンが必要です。さらに、米国薬剤師試験に合格する必要があります。また、それなりの英語力も必要で、TOFLEだと550点以上が必要です。州によって微妙に異なるので、事前に調べることが必要ですね。ですが、日本で薬剤師免許を持たずに、アメリカで薬剤師免許を取得すれば、日本でも薬剤師として従事できることはメリットです。しかし、アメリカで薬剤師免許は、語学面も考慮するとなかなか一筋縄ではいきません。
 アメリカでは、日本とは異なる健康保険制度を背景に薬剤師の役割も多彩でより、医者とは異なる立場から薬の処方に対して権限を持っています。また薬スペシャリストとして社会に認められていますが、薬剤師への道のりは険しく、薬の専門知識だけでなくコミュニケーションが従事される職業です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!