派遣薬剤師は高給取り!?派遣という働き方

正社員よりも時給が高い!?

 派遣薬剤師の求人情報を目にしたことはありますか?水準は地域によってばらつきはありますが、派遣薬剤師の時給はおよそ3000円から4000円ぐらいで、相場は3500円くらいだと言われています。年収にすると、500万円から600万円が派遣薬剤師の平均年収です。
 正社員の収入と比較すると、派遣薬剤師の年収との差はほとんどありません。おおよそ同じ程度の年収です。勤め先や勤務内容によっては、正社員の年収すら超える場合もあるのです。

派遣薬剤師として働くことのメリット

 派遣薬剤師として働くメリットは、どのようなことがあるのでしょうか。
 
 1.パート・アルバイトよりも時給が高い
 パートやアルバイトで働くよりも、派遣薬剤師として働いたほうが圧倒的に時給は高いです。ある程度融通のききやすい働き方を選びたいと考えているならば、派遣会社を通して高時給で働ける環境を選んだほうが有利になることもあります。
 
 2.自由度が高い
 薬剤師の派遣求人は、勤務期間が長期から短期まで見つかります。また、派遣薬剤師は勤務形態が派遣会社により守られており、残業のない職場を選ぶことも可能です。働く時間がより明確なので、プライベートな時間を確保しやすいというメリットもあります。
 
 3.職場の人間関係に縛られることがない
 派遣薬剤師の勤務は期間が限られています。勤務し始めた職場が自分に合わないと感じても、契約期間が終われば別の派遣先で働けるようになります。
 
 4.様々な職場で経験を積み、キャリアアップを目指せる
 派遣薬剤師としての働き方を続けると、さまざまな職場で働けます。多様な現場で経験を積むことができ、豊富な知識や対応力を身につけながら、さらなるキャリアアップを目指せます。

派遣薬剤師として働くことのデメリット

 派遣薬剤師として働くには、デメリットも知っておく必要があります。
 
 1.ボーナスや昇給の機会は少ない
 正社員と派遣社員の違いの1つは、ボーナスや昇給でしょう。契約内容によっては派遣薬剤師にもインセンティブが出る場合もありますが、長年正社員として働いているスタッフとは差が出てしまいます。働き始めたばかりの頃は派遣薬剤師のほうが年収は高かったとしても、勤める期間が長くなればなるほど、正社員として働くほうが収入は多くなります。
 
 2.十分な福利厚生は受けられない
 現在、福利厚生のサービスを行っている派遣会社もありますが、そうでない派遣会社があることも現実です。たとえば育児休暇や介護休暇などの制度を活用したいと思った場合、正社員ならば休暇を取得できても、契約社員には適応しない職場が多くあります。
 
 3.同じ職場で、何年も働き続けることはできない
 派遣薬剤師はひとつの職場で短期勤務ができる反面、デメリットもあります。せっかく仕事に慣れても、契約が終了したら次の職場に行くことを余儀なくされるためです。

どんな人に向いている働き方なの?

 派遣薬剤師で働くことにはメリットもデメリットも両方存在します。それでは、どのようなタイプの人に向いている働き方なのでしょうか?
 
 1.次の職に就くまで、有効に時間を使いたい
 次の職まで期間が開いてしまうこともあるでしょう。派遣の働き方には、週に決められた日数働く働き方だけでなく、月に数回の単発の仕事もあります。薬剤師免許を活用して、時間を有効活用できるのです。
 
 2.家事・育児と仕事を両立させたい
 派遣薬剤師の求人には、土日休み残業なしの求人が多く見られます。「家のことがあるから」と正社員として働く方法を選べない人も、派遣薬剤師としてならば柔軟な働き方が叶います。
 
 3.薬剤師としてのスキルを磨きたい
 派遣薬剤師求人の多くは短期間契約です。人との出会いや関わる業務内容も多く、さまざまな経験を積んでスキルアップを望むこともできます。
 派遣薬剤師は、自由度の高い働き方です。一ヵ所の勤務先だけにこだわらず、広い視野を持って経験を積みながら、着実にキャリアアップを目指せます。家庭やプライベートな時間を大切にしながら仕事を続けたいと考えている薬剤師にとっても、理想的な働き方になるでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!