こんな求人は要注意!?給与が高い求人の5つの落とし穴

1.1人薬剤師体制

 調剤薬局で、薬剤師が1人という勤務体制は、管理薬剤師という立場で、調剤と監査を1人で行うため、相当なプレッシャーを強いられます。日々の休憩もさることながら、休暇も取りづらいため、労働環境としても好ましくないでしょう。また、薬剤師以外が調剤を行うことは禁止されていますが、薬剤師が休暇を取得したときなどに、無資格者が調剤をする違法行為が行われていることもあります。もし、1人薬剤師としての勤務で採用される際には、休んだときの対応について確認しておきましょう。保健所指導が入り、違法行為が問われると、管理薬剤師としての責任を問われる可能性があります。ただし、チェーン店では、他店からの応援体制が取られているケースもみられます。

2.昇給がほとんどない

 例えば、新卒で年収600万、中途採用では年収650万円といったように、採用時の実務経験年数による給与差が小さい求人案件では、採用時の給料はよくても、昇給が少額ということがあります。主に、調剤薬局の給与形態でみられることのあるケースです。入職時はモチベーションを高く持っていても、経験年数の浅い人とほぼ同額で、定年まで働き続けることに、次第に閉塞感を持つ人もいます。長く働くことを前提に転職をするのであれば、目先のお金だけにとらわれ過ぎず、何年後にどの程度の昇給が見込めるのか、給与体系についても確認しておくようにしましょう。

3.通勤に不便な立地

 駅から遠い、電車やバスの本数が少ないといった交通の便が悪い場所にある薬局の場合、給与が高いことがあります。地方の調剤薬局では、不便な場所ほど給与が高い傾向です。チェーン展開する薬局でも、本来給与を高めに設定する都市部の店舗よりも、人が集まらない立地の悪い郊外の店舗の方が、給与を高く設定しているケースが見られます。しかし、給与がよくても、通勤にかかる時間や負担を考えると見合わないかもしれません。周囲に何も店舗がなく、朝持参しなければ、昼食の購入にも困るケースもあります。立地が悪いと考えられる際には、実際に通勤にどの程度の時間がかかるのか、シュミレーションしてみましょう。

4.雑用が多く残業が常態化

 薬剤師としての仕事以外に、雑用が多いケースは、主に事務員のいない薬局に多くみられます。レセプト打ちにとどまらず、物品の発注等の事務作業から掃除に至るまで、多岐に渡る業務を薬剤師が担当する場合、残業も常態化しがちです。
 そのため見学が可能な職場である場合には、現場では実際にどのような業務が行われているのか、注意して見ておく必要があります。チャンスがあれば、実際に勤務している薬剤師に、事務作業はじめ、雑務がどの程度あるか確認してみましょう。

5.離職率が高く、経験の浅い人が集まっている

 薬剤師本来の仕事以外の部分で残業が多いケースに加え、人間関係が悪い職場は、離職率が高いことから、給与を高めに設定していることがあります。その結果、経験年数の少ない薬剤師のみで業務をまわしている可能性もあり、業務経験の浅い方や、仕事を通してスキルアップや知識を学びたい方には不向きな職場もあるのです。
 
 雑務が少なく、離職率の低い職場で給与が高く設定されているケースも勿論ありますが、上記のようなケースもあるため、離職率や雑務量などについては事前にチェックしておきましょう。
 一般的な水準よりも明らかに給与の高い薬剤師の求人には、何か理由があります。なぜ給与が高いのか理由を把握し、納得したうえで就業するようにしましょう。転職を安易に繰り返すと、その後の転職で不利になることがあります。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!