薬剤師なら絶対に知っておきたい専門用語 「疑義照会」とは?

疑義照会ってどんな業務?

 医師が発行した処方箋に、薬剤師が少しでも疑問(疑義)を感じる部分があった場合には、
 発行した医師に対して電話・FAXでその部分についての確認、問合せをすること。
 これが「疑義照会」です。
 たとえば、下記のような場合があります。
 ・投与量がまちがっているのではないか
 ・飲みあわせに問題があるのではないか
 ・副作用に問題があるのではないか
 このようなことに気づいたときには医師に確認や指摘をおこなわなければいけません。
 
 また、薬剤師法の第24条において、
 『薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でな
 ければ、これによって調剤してはならない。』
 と定められているように、
 「疑わしい点がある限りは調剤してはいけない」ということになります。
 
 一方、保険医療機関及び保険医療養担当規則第23条の中では、
 『保険医は、その交付した処方せんに関し、保険薬剤師から疑義の照会があった場合には、これに適切に対応しなければならない。』
 という医師側の責務についても定めています。
 
 患者さんにとって、ついうっかり見逃して調剤してしまった、ではすまされない問題が生じると、疑義照会を怠った薬剤師も責任を問われます。
 したがって、疑義照会は薬剤師にとってたいへん重要な業務なのです。

疑義照会することでどんなメリットがあるの?

 疑義照会することによりどのようなメリットがあるのでしょうか。
 
 薬剤師には、薬剤の専門家として、患者さんの健康を守り、服薬によって発生するリスクを未然に防ぐ義務があります。
 もちろん医師はその患者さんに最適な処方をしているのですが、人は完璧な場合ばかりではありません。
 ときに、誤った処方をしてしまう場合もあるものです。
 それを薬剤師が専門家としてチェックするタイミングを設けているということになります。
 
 これは、医薬分業が進む近年の状況の中で、医療事故を防ぐためのダブルのチェック機構として大きなメリットがあるとされています。
 また、このように薬剤師が薬物治療の専門家として「医師と対等な立場」でチェックすることによって
 「患者さんの健康・安全を守り、薬剤を適正に使用する」といった本来の目的がより実現できているのです。
 患者さんの目には触れず気づかれないところですが、「医薬分業」の良さが発揮されている部分でもあります。

患者さんとのコミュニケーションで発覚する疑義もある

 医師の処方箋の中に疑問点を見いだせる場合はスムーズですが、ときに、発見が困難なケースも存在します。
 患者さんが、他の医療機関で同時期に処方されている薬剤がある場合です。
 それぞれの処方箋内容には問題がなくても、同時期に服薬することで「飲み合わせ」の問題が生じる場合も考えられます。
 生命にかかわることにもなりかねませんので、薬剤師はそれを防がなければいけません。
 このようなケースは、患者さんとのコミュニケーションにより発覚することが多いものです。
 お薬手帳の提示や、患者さんとの会話の中で現在の服薬状況を上手に引き出すことが大切です。
 
 したがって、処方箋の上の情報だけで判断するのではなく、患者さんとのやりとりも医療事故を防ぐための大切なステップと言えるでしょう。

疑義照会の実状とは?

 実際の現場において、疑義照会がおこなわれる割合は、処方箋全枚数のうち、およそ2~3%程度とされています。
 その内容の上位には、「用法に関する疑い」や「投与日数・投与量等に関する疑い」、「分量に関する疑い」があるようです。
 また、疑義照会したことで、処方内容が変更されたケースが7割弱にのぼっているという現状から、
 疑義照会はとても有意義なものであることがみえてきます。
 また、それだけではなく、薬剤師の必要性を示す上で大きな意味を持っていると言えるでしょう。
 患者の立場ではなかなか見えない裏の部分において、薬剤師の疑義照会は大きな意味をもっていることがわかります。
 今後ますます進むと考えられる医薬分業の中で、患者さんにとって安心・安全な医療の提供のために、薬剤師の存在、そしてその業務はさらに重要なものになるでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!