結婚をきっかけに!家庭と仕事を両立させるための転職ポイント

転職のタイミングを考える

 結婚前に転職をする場合~結婚前というのは、特に式を挙げる場合はバタバタするもの。それに加えて転職活動・新しい職場での勤務を始めるとなると、ストレスが重なってしまう可能性があります。しかし、転職先が決まれば収入に問題なく、新婚生活もスムーズにスタートさせることができます。
 結婚後に転職をする場合~寿退職をしてしばらくしてから就職活動をする場合は、結婚生活にも慣れてきているため、落ち着いて就職活動ができます。しかしこの場合は、収入面で不安定になるというデメリットがあります。
 どちらのタイミングで転職してもメリット・デメリットがありますので、パートナーともよく話し合って決めましょう。焦って適当に決めず、長く働いていけそうな職場を探すことが大切です。

ライフスタイルを維持できるかどうか

 日勤・夜勤と勤務時間が不規則である上、土日も関係なく働く必要があるのが病棟勤務。独身時代は問題なくこなしていたけれども、結婚後は家事をしたり家族と過ごす時間が欲しいから規則的な勤務体制で働きたい、という人も少なくありません。
 勤務先へのこだわりがなければ、勤務時間が比較的規則的である職場には、外来専門のクリニック・介護施設・学校や企業内と、看護師として働くことのできる勤務先はたくさんあります。
 また、正社員の他にもパートや派遣という働き方があります。時間の調整がつけやすいこのような働き方も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

子育て支援をしている

 今すぐでなくても将来的には子供が欲しい、と思っているカップルは多いと思いますが、妊娠・出産後も仕事を続けていくかどうかを早いうちから決めておくとよいでしょう。というのも、育児休暇を申請できるのは、同じ職場に1年以上働いていることや週に一定時間以上の勤務をしているなどの条件があるからです。
 看護師は女性が多い職業といえ、産前・産後休暇や育児休暇の申請がしにくい職場もまだまだあります。一方看護師の出産・育児による離職を回避するために短時間正職員制度や院内保育を設けるなど、ママ看護師が働きやすいよう環境を整えている病院も増えつつあります。
 実際ママ看護師が多く働いている職場は環境も良く、サポート体制が整っているといえますので、可能であれば職場のママ看護師の数をチェックしてみましょう。
 ただでさえ大変な看護師の仕事。家庭と仕事を両立するには時間を上手くやりくりすることが必要ですが、家族と職場の理解があることが大きな支えとなります。上記のポイントを抑えながら、自分の条件に当てはまる職場をじっくり探してみましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!