看護師の退職前の引き継ぎノウハウ

引き継ぎは時間に余裕を持って行おう

 退職申し出期限は勤務先によって違いますので、前もって確認してから上司に退職の意思を告げます。その後引き継ぎの準備を行うことになりますが、自分・後任者共に忙しい通常業務の合間を縫って、引き継ぎ作業を行わなければなりません。退職日直前というのは、荷物整理や挨拶回りをする必要があるため、いつも以上に慌ただしくなってしまうものです。退職日を目前にしてから焦って引き継ぎを行うと漏れが生じる可能性もありますので、数日前には終わることができるように時間に余裕を持って、計画を立てながら早めに始めることが大切です。

引き継ぎマニュアルを作成する

 自分の担当していた業務や一日の仕事の流れなどを全てマニュアル化しておくと便利です。書面に残しておくことによって、後任者側が「教えてもらったのに忘れてしまった」などと慌てることを防ぐことができます。使っていた書類やファイルのありかなども、同時に伝えておきましょう。
 マニュアルを作るときのポイントは、長い文章ではなく箇条書きにするなど、誰が読んでも分かりやすくすることです。患者さんに関しては状態だけでなく、性格や接し方のアドバイスなど細かく書いておくと、後任者もやりやすくなります。退職後に不明点があった時のために、連絡先も残しておくとより親切ですね。

丁寧な引き継ぎがトラブルを防ぐ

 自分がいなくても何とかなるだろう、と適当に引き継ぎをしないようにしましょう。自分が今までしてきたことの引き継ぎがきちんと出来ていないと、残った同僚が慌てたり、最悪の場合患者さんの命にも関わってきます。このようなことが起こると、これまでの業績に関わらずあなたの評判がぐっと下がってしまいます。看護師が一人減ることによって既に周りに負担がかかってしまうことは避けられませんが、これ以上に同僚や患者さんに迷惑をかけることのないように心がけたいものです。
 連絡漏れがあると、あなたへの確認の電話が転職先にかかってくる可能性もあります。頻繁にかかってくるようであれば、転職先のあなたへの不信感が出てくることも否定できません。
 また、職場での人間関係が原因で退職するのでなければ、最後まで業務をきちんと行うことによって、同僚ともよい関係のまま退職ができるため、もし新しい職場でトラブルがあった時にも相談に乗ってもらったりすることも可能です。
 いかがでしたでしょうか?最後の仕事である引き継ぎ作業は、看護師としての退職時のマナーでもあります。結婚・転職など退職の理由は人それぞれですが、新しい生活を気持ちよくスタートさせるためにも完璧に引き継ぎを終えて、円満退職を目指しませんか?
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!