薬剤師が年収アップを狙うためのポイント<br />

高収入を期待できる薬剤師の仕事とは

 薬剤師が選べる就業先の中で、年収が高いと言われているのは製薬会社やメーカー勤務です。研究職や営業職といった、薬局で調剤を行う以外の薬剤師資格を生かした会社員のほうが、いわゆる「薬剤師」の仕事よりも年収が高めの傾向であり、転職で年収アップを目指す際にも、一番の早道と言えるでしょう。
 
 しかし、全く畑違いの仕事にチャレンジするよりも、慣れた仕事内容の中で好条件の求人を探すことも不可能ではありません。年収が倍増するような極端な例は難しいとしても、経験をしっかり積み重ねている人には、恵まれた求人と巡り合うチャンスも増えてくるのです。
 
 薬剤師を含む専門性の高い仕事には、非公開の求人が専門の転職業者に集まる傾向があります。スキルや、条件に合致した人にしか紹介されませんが、年収の面で好条件なものも含まれていますので、経験のある仕事での年収アップを狙う人は、転職エージェントなどを利用するのがおすすめです。
 
 加えて、資金面などの条件のクリアが前提となりますが、薬局の経営者として独立することは、薬剤師として高収入を得られる可能性のある魅力的な道筋です。将来的に薬局の開業を検討している人は、今すぐの年収アップにこだわらず、薬局開業のために必要なスキルや人脈作りに力を入れてみてはいかがでしょうか。
 

転職時の自己PRはマストポイント

 報酬の高い仕事には、当然高い能力が求められてきます。今以上の条件での雇用を希望する以上、しっかりとしたアピールポイントを持っておく必要があるでしょう。経験やスキル、薬剤師以外の資格、得意とする部分などを明確にして、自己PRをしっかりできるように準備を整えておきましょう。
 
 好条件の求人には、同じように年収アップを求めるライバルが集まってくるものです。転職時に自分を選んでもらえるように、日頃から研鑽を積んでおくようにします。そして、実際に面接となった時には口頭で、自信を持って評価を得られるような自己PRを行います。高い年収に見合った人であると思ってもらえるよう、受け身ばかりにならず、積極的に面接に臨むほうがよいでしょう。
 

役職のつく職場を選んで段階的に年収アップ

 チェーン展開をしている薬局・薬店、規模の大きな病院などに多いのは、役職がつくことによって年収がアップする例です。転職ではなく、職場内でキャリアアップすることで、手当がついたり年収そのものが上昇してくので、目標を持って努力を続けることができます。
 
 公務員薬剤師の場合も同じで、長く働き続けることで自然と昇給できます。役職がつくことで年収が上がるのが魅力です。
 
 職場や仕事を変えて、一気に年収アップを狙うこともできますが、時間をかけて計画的に役職に就くなど、長い目で見た収入計画も大切なポイントとなります。
 

総合的に見て年収を評価することも重要

 最後になりますが、雇用条件の給与以外の部分にも目を向けてみましょう。
 
 住宅に関する補助や手当の有無とその内容次第では、結果として多少の給与差を上回ることもあり、無視できない側面があります。扶養家族に関する手当、資格に関わる給与への加算額の違いなどについても着目し、総合的に「年収」が上がるかどうかを判別するようにしてください。
 
 生活スタイルや家族構成によっては、あまり福利厚生面を考える必要がないケースもありますが、収入アップを目的として転職活動を行う場合には、重要なファクターとなります。実際の支給額と支出額を試算して、確かにメリットがあるかどうかの確認しておくと安心です。
 
 同じ仕事内容であっても、大都市周辺と地方では年収差が生じることも多く、居住している地域によっては、なかなか希望の求人と巡り会えないことがあるかもしれません。そんな時には、転居することも視野に入れ、思い切って転職先探しの範囲を広げてみるのがおすすめです。
 
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!