薬剤師の面接で注意する3つのポイント

第一印象が重要

 面接で重要なことの一つは、面接官にとって将来この人と一緒に仕事をしたいと思ってもらえるかです。そのためにまず重要なことが第一印象。アメリカの心理学者メラビアンの調査によると、第一印象を決める要素として視覚からの情報が55%、そして聴覚からの情報で38%、話す内容はわずか7%と言われています。それほど第一印象にとって身だしなみなどの視覚からわかる要素が重要な役割を果たします。
 
 ですから、たとえ小規模の店舗での面接であっても、身だしなみは疎かにしないことが大事です。服装はスーツを推奨、髪型やお化粧は清潔感のある自然な形が良いです。椅子に腰かける際は背もたれや肘掛けを使わずに姿勢よくし、あまり深く座らずにしっかりと面接官の方へ顔を上げましょう。

予想される質問への事前準備

 実際の面接では、自然な雰囲気で受け答えをすることが大切になります。しかし、緊張することがあるかもしれませんし、想定外の質問でうまく話すことができないこともあります。そのため、よくある質問については事前に答え方を準備し、練習しておくと緊張せずに済みます。薬剤師の面接においてよくある質問は次の通りです。
 
 ・なぜ薬剤師を目指したか(または、なぜ薬剤師になったか)
 ・なぜ転職しようと思ったか
 ・なぜその企業(または店)を志望するか
 ・自分の長所と短所
 
 これらの内、自分の長所や短所については、自分のこれまでの人生や経歴を振り返り、それぞれ簡潔に言えるようにまとめておきます。また応募した企業情報については最低限ホームページ等で調べておき、そこを志望する理由の肉付けとして事前に整理しておきましょう。こうして一般的な質問への対策をすることで、余裕を持って面接に臨むことができます。
 

良い印象のまま終わらせるコツ

 身だしなみをしっかりし、事前に代表的質問項目について準備できていれば、面接で良い印象をもってもらうことは難しくありません。しかし面接官が最終的に合否を決める場合に、特に気にすることは応募者の本音のところです。現在では面接対策をはじめとした就活のノウハウについて、いろいろな情報がネット上や書籍であふれており、通常の応募者がそれらを使って対策・準備して来ていることは、面接官も当然知っています。ですから面接官にとっては、応募者が今見せている姿が今だけの上辺の姿なのか、その場合は普段働く際の姿はどうなのかを注意深く見極めようとします。結局、志望動機を聞くことや色々な質問をすることは、それに対する受け答えの仕方や内容を見ることで、総合的に普段のあなたの姿・働く姿勢を確認したいからです。
 
 その意味で、面接において注意すべきことは、「ネガティブな意見や内容を発信しないこと」です。例えば前職からの転職理由を話す際、前職の職場環境・人間関係などの問題点や悪口をあまりにも多く言うことや、面接の最後に「何か質問はありませんか」という問いに対して、真っ先に休日や雇用条件などのことについて聞くこと等です。そうした内容が実際にあるとしても、前向きな表現に置き換える等工夫し、あくまでどのような印象を面接官が自分に持つかを念頭に置くことを忘れないようにしましょう。
 以上、面接での重要なポイントについて解説しました。まず重要な第一印象を良くするために身だしなみや立ち居振る舞いに気を付けること、そして定番の質問内容についてはしっかり準備して自然に受け答えできるようにすることを心がけ、ネガティブな答えにならないように注意することをお勧めします。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!