経験を活かして年収UP!高年収の職場で活躍したい薬剤師の方へ

薬剤師の年収アップには経験が重要

 薬剤師の仕事をするには、薬剤師免許を取得しただけでは不十分です。医療現場などである程度の経験を積まないと、薬剤師として仕事で貢献することは出来ませんね。
 
 薬剤師の場合は未経験者でも転職ができる職場は存在しますが、これから新しい業務に対するスキルを身につける未経験者よりは、経験があって即戦力となれる薬剤師のほうが歓迎され、採用も有利に進むことが多いでしょう。
 
 「前任の薬剤師が急に辞めてしまったので…」という時などは特に経験者が歓迎され、好条件の年収で採用してくれる職場も多いのです。
 

経験が年収アップにつながる職場は

 薬剤師の経験を活かして年収がアップする職種に「管理薬剤師」があります。管理薬剤師は調剤薬局などの職場の責任者です。給料とは別に管理薬剤師手当てがもらえるため、年収がアップします。
 
 管理薬剤師は薬剤師としての経験が3年以上あることが望ましいですが、薬剤師免許以外に特別の資格は必要ないため、経験がある場合は管理薬剤師に転職してみるのも一案です。
 
 また、大手の調剤薬局やドラッグストアチェーンなどでは、経験に応じてエリアマネジャーや本部スタッフなどのキャリアアップの道が用意されているので、将来においても年収アップが期待できます。

効果的な実務経験のアピール方法

 薬剤師としての経験がある方は、今までの経歴を上手にアピールしましょう。今までにどのような経験を積んできて、どんなポジションにいたかなどを簡潔に職務経歴書にまとめてみてください。
 
 「一日処方せん数○枚の薬局で、○人の患者さんと接した経験がある」など、数字を加えるとわかりやすくて効果的です。管理職として人をまとめた経験があったり、一つの職場で長く働いてきた人は、その実績もどんどんアピールしましょう。この人を採用したいと思わせるアピールが採用への秘訣です。

経験を元に転職して年収アップも可能

 薬剤師にとって「経験」が年収アップに大切であることがお分かりいただけたでしょうか。経験がある薬剤師ならスキルを活かした職場に転職するのが理想的ですし、条件のいい職場への転職活動を有利に進めることもできます。
 
 気になる転職先の年収が低めの場合でも、培った経験を元に上手に交渉すれば、示されている年収よりもアップしてもらうことも不可能ではありません。
 
 採用側が欲しいのは、経験があって即戦力になる薬剤師です。今の職場の年収に不満がある場合も、経験をアピールして高年収の職場に思い切って転職することもできます。
 薬剤師の経験は何も同業種への転職だけではありません。病院から調剤薬局、調剤薬局からドラッグストアなど、異業種への転職でも経験を活かした年収アップは可能です。年収というのは仕事を続ける上の大切な要素で、働くモチベーションにもつながりますね。あなたも経験を活かして高年収の職場で活躍してみましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!