働きたい場所が決まっている薬剤師の転職活動

調剤薬局で働きたいケース

 調剤薬局は店舗数も多く、比較的給料も良い職場です。近くに大きな病院などがあると扱う処方箋の数も倍増し激務になることもありますが、薬局によっては残業なども比較的少ないため人気の職場となっています。
 
 また競争率も高いため、これら調剤薬局で働きたい方は転職活動の際にそれなりの対策が必要になります。調剤薬局で求められるスキルは、水薬・粉薬の調剤や処方箋の監査・疑義照会、そして服薬指導のためのコミュニケーション能力です。
 
 当然、転職活動の際にはそれらのスキルを適切にアピール出来るかがポイントになります。以前、同様の職場で働いたことがあるのであれば、そこでの勤務実績をアピールすれば良いでしょう。ただ、調剤薬局によって扱う薬剤の傾向が違うため、以前職場と大きく違うようであれば気をつける必要があります。
 
 また、病院など別種の職場で働いていたのであれば、共通の業務内容や調剤薬局での業務に活かせるスキルなどをアピールすれば良いのです。

病院で働きたいケース

 病院の場合、処方する薬剤の調剤業務以外に、注射薬や点滴薬の製剤や化学療法のための先進的な薬剤の取り扱いなど非常に多く、薬剤師としてのスキルアップや給料アップに繋げやすいです。
 
 病院で働きたい場合、薬剤師としてのスキルはもちろんですが、チーム医療が基本になるのでコミュニケーション能力が最も重要なスキルとなります。前職が別の病院であれば全く問題ありませんが、調剤薬局などの場合は黙々と患者さんとのコミュニケーションに終始する場合もあるので注意が必要です。
 
 とはいえ、調剤薬局やドラッグストアでも同僚とのコミュニケーションは必須となるので、自身のコミュニケーション能力をアピールできるようなエピソードを用意できると良いでしょう。

特定のエリアで働きたい場合

 職種ではなく、特定の場所で働きたい場合は少々事情が特殊です。必要なのは自身の薬剤師としての能力というよりは、そのエリアにある求人を見つけられるかどうかにかかっているからです。
 
 こういった場合は、素直に求人コンサルタントを頼りましょう。コンサルタントは、一般の転職希望者では見られないような細かな求人情報を参照する事ができます。さらに、コンサルタント側で条件交渉などもできるので、大手のドラッグストアなどと交渉して勤務する店舗を指定する事も容易です。
 
 こういった場合、相談するコンサルタントは大手サイトか地域の情報に特化した求人サイトを選ぶようにしましょう。それ以外のサイトのコンサルタントでは、必要な情報を手に入れられない可能性があるからです。
 調剤薬局、病院、勤務地などで働きたい施設が大方決まっている場合には、それに見合ったスキルのアピールや求人情報の調べ方が必要になります。
 基本的には求人情報を自分で見て探すことが出来ますが、薬剤師の場合は専門のコンサルタントが充実しているのでコンサルタントを利用するのが近道です。希望の施設や案件が絞りこまれていた方がコンサルタントも探しやすいので、積極的に相談に乗ってくれるでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!