地方に転職すると薬剤師は年収が良い

薬剤師が地方で働くとは

 地方では慢性的に薬剤師の数が不足してますが、調剤薬局では一日の処方せん枚数に対して決められた数の薬剤師がいないと薬局を開くこともできません。そのため、地方では年収を高くして薬剤師を応募することが多くあります。
 
 地方には自然や人々の触れ合いがある豊かな暮らしがあります。地域に密着した医療機関が多く、患者さんと薬剤師のつながりも都市部に比べると強いです。一日何百枚の処方せんがくる薬局はまれで、患者さん一人ひとりと接する時間が長く、薬剤師としての能力を活かすことができる職場が多いのです。

地方に転職すると収入はどうなる

 地方の薬剤師の求人をみると都市部より給料が高いのですが、果たしてどのくらいでしょう。
 
 都市部の一般的な調剤薬局やドラッグストアで働く30代の薬剤師の平均年収は500万円程度という数字があります。一方、地方の薬剤師の平均年収は600万円以上の求人が多いです。経験が豊富な薬剤師だと年収800万円という破格の求人を見つけることもあります。
 
 年収が良い上に、引っ越し費用の負担、家賃の補助、生活に必要なものを用意してくれるなど、手厚い手当があることも多いです。また、地方の生活費は都会に比べると安いので、お金を貯めることもできます。地方暮らしが好きというだけでなく、夢を実現したい、将来の開業資金を貯めたい、などの理由で地方に転職を決意する薬剤師もいます。

地方暮らしのデメリットとは

 どの地方に移住するかによりますが、コンビニは近くになく、車がなければ生活が不便な地域がほとんどです。今まで都会で便利な暮らしをしてきた人には、地方暮らしは不便だし刺激がないと感じるかもしれません。また、一人薬剤師の薬局の場合はゆったりした地方暮らしを想像していながら、実際は仕事が忙しく、休みもろくに取れないこともあるようです。
 
 地方では良い意味でも悪い意味でも地域とのつながりが強く、都会とは違った人間関係に戸惑う人もいます。地方に転職したけれど暮らしが合わずに戻ってきてしまった、ということもしばしば耳にします。

地方の転職にチャレンジ

 田舎の暮らしが好きな方は、地方の転職に成功することが多いです。
 
 自然やアウトドアが好き、大きな家に住みたい、ゆったりとした生活をしたい、といった人は地方で高収入の仕事に就いて楽しい生活ができるでしょう。
 
 地方といっても週末に少し足を伸ばせば都市部に出かけられる場所を選べば、生活にそれほど不安を抱く必要はありません。2年という期間限定で薬剤師を募集する求人もあるので、いったん地方に転職して、暮らしが気に入れば永住するという方法もあります。あなたに合った方法で地方への転職を考えてみてはいかがでしょう。
 地方で働く薬剤師の求人の魅力は好待遇だけではありません。地方では地域に密着した仕事が多く、在宅医療などに積極的に関わることもできます。ゆったりとした暮らしの中で患者さんともしっかりと向き合いたい方におすすめです。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!