気になる薬剤師の退職時の健康保険について

退職する時に必要な書類はあるの

 退職するには退職届など職場の規定にのっとって様々な手続きが必要です。健康保険の手続きはどうしたらよいのでしょうか。正社員として勤務している場合、給与から健康保険料や厚生年金といった金額が控除されています。正社員として在籍中は、保険料を会社が天引きしてまとめて支払っているのです。
 
 退職となった場合、会社の健康保険の加入者リストから外れます。健康保険の資格喪失の手続きはほとんどの場合会社側が行いますので自分で行う必要があるのは、健康保険証の返却です。
 
 退職後、病院にかかった時に退職前の保険証を出すと病院が保険料を請求する場所を間違えて問題になる場合もありますので、健康保険証は退職後すぐに返却しましょう。
 

転職先が決まっている時の健康保険の手続き

 転職先が既に決まっていて、退社してから転職するまでのスパンが短い場合は、退職した本人が行う手続きは特にありません。
 
 退職して、転職後は転職先の会社が健康保険の手続きを行うからです。就職する時点で、免許証などの身分を証明する書類の提示を行っていると思いますので、特に手続きなどを行う必要はありません。
 
 ただし、転職先でも正社員として勤務する場合に限りますので、派遣社員やパート社員での雇用は、場合によっては自分で国民保険などの加入を行わなければならないこともあります。転職先での勤務時間数や入る保険によりますので、わからなければ転職先に確認しましょう。
 

転職が決まっていない場合の手続き

 転職先が未定の場合や、次の就職までに期間があいてしまう場合は、国民健康保険に加入する必要があります。もちろん国民全員が健康保険に加入する義務がありますが、健康保険に加入していないと、病院での診察が全額負担になってしまうので気をつけましょう。
 
 国民健康保険の手続きは、お住まいの地域の市町村役場や区役所などで行います。手続きの際は、退職のときに前の会社から受け取った健康保険被保険者資格喪失証明書などの退職日が分かる書類と、印鑑も必要になります。
 

知っていると便利な任意継続被保険者制度

 国民健康保険に加入すると、前年の給与で保険料が計算されるため、就業していない期間は大きな負担になってしまいます。
 
 しかし、任意継続被保険者制度と言うものを利用すると前職で加入していた健康保険を最大2年間は利用できるので、国民健康保険に加入するよりも節約することができます。保険料は、これまで企業側が支払っていた保険料を合わせて、これまで天引きされていた保険料の2倍になります。
 
 ただし、手続きに期間は退職の20日以内なので注意したいところです。期間を過ぎてしまうと、ほとんどの場合受けつけてもらえません。さらに、前職で2ヶ月以上は健康保険に加入している必要があります。手続きは、お近くの社会保険事務所などで行いましょう。
 

家族の扶養に入る場合

 退職する場合、配偶者の扶養に入ることや親の扶養に入ることができます。扶養に入ることによって、健康保険料を払わなくて済むのがメリットです。
 
 しかし、加入の条件は厳しく、同居していない場合でも認められますが、場合によっては同居が条件であったり、年収に上限が設定されています。例えば配偶者の扶養に入る場合、年収が130万円を超えてしまうと扶養に入ることができません。国民健康保険などに加入する必要があります。辞める月によっても変わってきます。
 
 扶養に入る場合は、配偶者や親などの勤務する会社などに扶養に入る旨の連絡が必要です。
 退職して転職するしない、もしくは転職するがスパンがあるなどの場合、健康保険の手続きが変わってきますので、注意したいところです。健康保険関連は、市町村役場や区役所もしくは、社会保険事務所が管轄ですので、手続きに迷った際は迷わず相談しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!