めざせ一生現役・職場別で見る活躍できる薬剤師の年齢層とは

すべての年齢層が活躍できる場所・ドラッグストア

 街中に沢山見かけるドラッグストアは、すべての薬剤師にとってありがたい雇用先でもあります。なぜなら、お給料も比較的高く何歳からでも生活スタイルに合わせて働けることが可能です。
 
 ドラッグストアは薬剤師の仕事以外にもお店の運営なども任されます。まだまだ体力が有り余っている20代・生活と両立させたい30代~40代、管理職を任されている50代までありとあらゆる年齢層が働ける場所です。
 
 薬剤師以外にもパートやアルバイトとのコミュケーションも大事なので、あらゆるタイプの人たちと一緒に働くことが好きな様々な年齢層の薬剤師が活躍しています。

心身ともにタフな30代~40代・調剤薬局

 調剤薬局は短時間で多くの患者さんを相手に薬の調剤をしていかなければいけません。資格を持っている薬剤師は調剤薬局事務員を指導し協力しながら働く必要があり、チームワークがすべての職場です。その上、あらゆる年齢・症状の患者さんへの気配りなども欠かすことができません。
 
 ハードな調剤薬局の仕事には多くの女性薬剤師、特に30代~40代が活躍しています。忙しい環境で働く上での体力・経験・人間関係においての忍耐力が調剤薬局で働くには欠かせないものなのです。

スキルアップを目指す20代~30代・病院&製薬会社

 大学を出て薬剤師の資格を手にした20代~30代が目指す場所、それが医療の現場で働ける病院や製薬会社への就職です。薬剤師としての経験を積んだ後にスキルアップをして、治験などの最先端現場での活躍を夢見ている若い世代には病院勤務や製薬会社でのキャリアは欠かせません。
 
 多くの20代~30代の薬剤師が病院や製薬会社で知識と経験を身に着けて、管理薬剤師を目指したり語学を身に着けて海外や外資系製薬会社へ転職していきます。

50代~60代も自分のペースで働ける町の薬局

 薬剤師の一番のメリットは年齢を重ねても活躍できることではないでしょうか。自分のペースで働きたい50代~60代の薬剤師が多く働いているのが町にある薬局です。
 
 若い頃にひたすらスキルアップを目指して働いてきた薬剤師も、その経験を活かして「自分らしく自分のペースでお客さんと接することができる」のが町の薬局の良いところなのです。年齢を重ねても現役薬剤師として活躍したい50代~60代の方は、ぜひ町の薬局で働いてみてはいかがでしょうか。
 いくつになっても働けることが薬剤師の最大の強みです。もちろん職場によっては一定の年齢層の比率も見られます。これから新しい職場をお探しの方は、ご自分の生活スタイルや年齢、経験に合わせてピッタリの仕事先を見つけましょう。
 
 あらゆる年齢層の薬剤師が活躍できる場所は数多く存在します。目標を高く掲げている20代・スキルアップを目指したい30代・家庭と仕事を両立させたい40代・管理職に辿り着いた50代・自分のペースで働く60代まで、薬剤師という仕事は年齢の壁を越えて働ける数少ない職業です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!