転職すべきか迷ったら 医師の簡単自己チェック

自分の職場での満足度

 一日の大半を過ごす職場において、自分がどれだけやりがいを感じられているか、必要とされているかどうか自覚できているかによって、満足度は全く異なります。患者さんのために全力を尽くし、あるいは、臨床実験や研究に専心し、毎日大変だけれど、自分なりの喜びを感じられているのであれば、満足度については問題ないでしょう。
 
 なんとなく毎日流されているような気がしている方、自分が必要とされていないような気がする方は、思いきって転職を考えるのもひとつです。

労働条件と給与のバランス

 今の給与水準と、休日の取りやすさなどの労働条件を総合的に見た場合、現状に納得できているでしょうか。他の医師と比較する必要はありませんが、自分の働きや能力を振り返ったときに、適正に評価されていないと感じていることはないでしょうか。
 
 あまり気にならないという方は全く問題ありません。頻繁な緊急呼び出し等の臨時対応を迫られる一方で、それに見合うだけの報酬をいただけていないと感じているのであれば、転職を考える価値は十分にありそうです。結婚等の人生の転機に応じて、考えなおすことも必要かもしれません。

キャリアの将来性

 医師として、当初考えていた方向に確実に向かうことができているのであれば、全く問題ありません。また、想定外の方向に進んでいる方でも、やる気がみなぎる将来が期待できるのであれば問題ありません。
 
 例えば、自分の職場が、希望する専門のために必要な経験や症例が十分に積める環境かどうか、よくわからないと思っておられる方は要注意です。また、自らの経験や専門スキルを生かしたいのに、その機会に恵まれないということも、十分に転職の動機となりえます。
 
 変化を恐れて諦める前に、転職に備えて情報収集を開始してみることで、自分のキャリアを積極的に構築できるきっかけに出会えるかもしれません。

独立・開業の可能性

 医局や総合病院などの勤務医として、一生働き続けるのか、少しでも、独立や開業の可能性を考えたいのかによっても、転職の意義は異なってきます。
 
 キャリアアップを伴う転職は、将来につながる人脈作りにおいても、最大の財産となります。
 
 医師として何を重視したいのか、どのような経験がいつまでに必要なのか、独立・開業のタイミングをいつごろ考えているのか、など考えておいて無駄になることはありません。明確な目的に基づいた転職は、成功する確率が断然高くなるものです。
 医師は、毎日、多忙を極めておられる方が多く、ゆっくりと腰を据えて、将来の自分のキャリアについて、考える時間を確保することは難しいかもしれません。現在の職場を退職すること自体が大変困難な方や、転職のための準備に時間を割く余裕がないとお考えの方もおられるでしょう。
 
 時が経ってしまってから、後悔することがないよう、医師としての人生を最高のものにするために、いま改善したいことがあれば、少し貪欲に挑戦してみることも大切です。転職活動のための具体的なノウハウについては、第三者である専門家の協力が得られるところは、上手に活用するなど、前向きに取り組む方向で考えてみてはいかがでしょうか。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!