転職するその前に!医師の転職事情~適正編~

医者になるための資格

 医師になるためには、大学の医学部を卒業する必要があります。また、医師免許の国家資格を取得する必要があります。資格試験は筆記試験となり、医学及び公衆衛生についての知識が問われる試験です。国家資格の合格率は約90%となりますが、前提条件の医学部卒業が狭き門となり、医師になるためには、医学部への入学が最初の難関となっています。医師免許取得後はすぐに医師になれるわけではなく、免許取得後に2年間の研修を受ける必要があります。

医者になるための適正とは

 医師になるための適正とは、医学の知識に加えて様々あります。重要とされる適正能力はコミュニケーション能力です。患者の状況を適切に捉えるために患者とのコミュニケーション能力は必要不可欠な適正能力と言えるでしょう。その他、人間に対する興味や感心、愛情という能力も必要です。患者の痛みを理解しようとする医師としての大切な適正能力になります。
 
 また、チームワーク力や向上心、基礎体力と精神力も必要です。チームワーク力は医療の現場での他の医師や看護師等との協調性のこととなり、向上心は常に最新の技術を学ぶ勤勉さです。医師とはハードワークで自分の健康維持が大切な職業となるため、基礎体力や精神力も必要となってきます。

必要なのは医術よりも、医者の心

 医術が優れているということも当然医者への転職には必要な適性ですが、それ以上に医師に求められる適正は患者に対する愛情です。人助けをしたいといういう高尚な意識こそが医者になるための適正と言えるでしょう。また、医者の心を患者に伝えることのできるコミュニケーション能力も併せて持ち合わせる必要のある能力です。患者の痛みを理解しようとする心はコミュニケーション能力なしでは成り立ちません。患者の辛い症状をきちんと聞き出す能力や、治療についての説明能力のことになります。

医師の転職いつが多い

 医師の転職とは、特殊な国家資格が必要なことから、医師から医師への転職(職場を変える)が一般的です。では、どのようなタイミングで医師は転職を考えるのでしょうか。主に、大学病院等では、研修医が終わったタイミングや、その後専門の研修を受けて、医学博士を取得したタイミング等医師として一つ区切りがついた時等に転職を考える事が多いです。
 
 転職の理由は様々あります。更に上の技術を学ぶために必要環境への転職や、給料面での転職、結婚・育児等や、労働環境改善等です。開業するための転職もあり得ます。
 医師の適正の面からみた転職事情をご紹介しました。医師に転職するためには、医学部を卒業し、資格を所持していることに加え、大切な適正はコミュニケーション能力と人助けをしたいという患者を慈しむ心になります。医師への転職の事情は様々ありますが、適正能力をしっかり身につけて転職できると良いでしょう。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!