公立病院で働く医師のやりがいとは

公立病院とは

 公立病院は、地方公共団体が運営する病院のことを言います。例えば県立病院や市立病院が該当しており、地域に住む住民の医療を目的としています。もちろん地域以外の住民でも受診することはできます。公立病院には外科や内科の他、さまざまな診療科があり、特に地方では医療の中核として大切な役割を担っています。
 
 公立病院で働くスタッフは地方公務員に分類されます。もちろん医師も例外ではありません。公立病院では多くの科が設置されているので、さまざまな分野で医師として活躍することができます。
 

公立病院で働くやりがい

 公立病院で勤務する医師の平均収入は、2011年時点で約1500万円と言われています。もちろん全ての医師が高給なわけではありません。初任給は300万円から400万円が相場だそうです。公務員なので、働く年数に応じた昇給やボーナス、手厚い福利厚生が期待できます。年々給与が増えていくと考えるとモチベーションが上がりますね。
 
 公立病院はもともと地域住民の医療を目的につくられました。患者さんも地域の方々が中心になります。地域の方との密接なコミュニケーションも医師としてのやりがいではないでしょうか。
 

公立病院で働くには

 公立病院はほとんどの場合、地方自治体が運営している病院です。私立病院とは求人への応募方法が異なりますので確認しましょう。
 
 公立病院に応募する場合は、直接病院に連絡ではなく、ほとんどの場合地方自治体の総務課など、地方自治体で採用を扱っている部署に連絡をして応募する形になります。公務員なので、4月からの採用も多いですが、随時募集している病院もあるようです。
 
 他にも、公募情報を集めた転職サイトなどもあるので、うまく活用するのも良いですね。
 
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!

おすすめ

  1. 豹変医師【マンガ・看護師あるある】
    -温厚で誰にでもでやさしく患者にも人気なのに、手術室では凶暴キャラに変…
  2. 転職すべきか迷ったら 医師の簡単自己チェック
    自分の職場での満足度  一日の大半を過ごす職場において、自分がど…
  3. 医師の人間関係。転職前に振り返りましょう
    上司である医師との人間関係  医局の人事権を持っている上司や勤務…
  4. 後期研修施設での医師の業務とやりがいとは
    後期研修施設とは  日本では、医師免許を取得しない限り、医療行為…
  5. 転職するその前に!医師の転職事情~労働時間編~
    過労死寸前、医師の平均労働時間の実態  医師の職業は尊い命を守る…