いまさら聞けない!医師20代平均年収

提供:gooヘルスケア

いまさら聞けない!医師20代平均年収

臨床研修医時代

 2015年現在行われている臨床研修制度とは、医師の総合的なプライマリケア能力の確保等の名目で2年間研修を受ける事を義務化した制度で、医科では2004年にスタートしました。それまでの俗称でよばれるところのアルバイトに頼らざるをおえない、研修医の劣悪な収入環境改善も行われました。その結果2003年では研修医の平均収入が265万だったのに対し2004年では365万と100万円増額した事が2005年の日経メディカルに掲載されています。2013年の政府統計の総合窓口 賃金構造基本統計調査では月収385,900円、賞与はありませんでした。これを一般サラリーマンの平均年収はと比較してどうなのかと言うと、2013年の国税庁の民間給与実態調査によると20から24歳までの平均年収は246万円であることから同じ年代で比較するとやはり高収入であると言えます。
 

後期研修医時代

 後期研修医と言う言葉は、実際には存在しません。病院や業界で通例で呼んでいる用語です。臨床研修を終え、進路を決めた3年から5年の医師を指します。最低年齢で医師になり5年が経過すると29歳となりますので20代の医師の収入と言うカテゴリ―でくくった場合、臨床研修医とこの後期研修医時代の収入という事になります。平均収入は2013年の政府統計の総合窓口 賃金構造基本統計調査では月収555,400円、賞与は344,400円でした。特徴的には月収は高いのですが賞与が低いという事が言えます。これは基本給以外の手当部分が医師の収入の多くを占めているということを表しているのかもしれません。事実、他の職種に比べ残業時間が不定期であるということも医師の特徴です。不定期と言うのは患者さんの容体によっては泊まり込みなどもあり得るということです。
 

勤務先による収入差

 全体的な収入は医師がどの事業所に勤めることになるかで大幅に変わります。各職業別の年収を比較するサイト、年収ラボによると大学の医局に残った場合は600万くらい、市中病院では800万から1000万、僻地ではさらにその1.5倍程度という調査結果が出ています。大学に残ることが一番収入が低いのですが、豊富な臨床例や最新の研究、医療設備が提供されること、学会発表のチャンスなど医師としてのメリットは大いにあります。逆に医療過疎地帯では、症例数の少なさというハンデを負いながらも、地域住民の要望として医療知識は万全を求められます。医師の数が少ない、自治体によっては地域に医師一人という場所も存在します。ですから、ある程度経験を積んでから僻地医療に臨む方が宜しいでしょう。症例数は少ないですが、患者と密接した関係から、充実感を味わう方もいらっしゃいます。
 
 20代の医師の平均収入は2013年の政府統計の総合窓口 賃金構造基本統計調査で10人以上の事業所規模の場合・20歳から24歳の医師、ですから24歳の医師ということになりますが年収4,630,800円賞与なし、25歳から29歳では年収7,009,200円、賞与344,400円となっております。全ての職業で20代後半の平均年収は339万円です。やはり医師は高収入な仕事ですね。
 


実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!

豹変医師【マンガ・看護師あるある】

提供:gooヘルスケア

-温厚で誰にでもでやさしく患者にも人気なのに、手術室では凶暴キャラに変わってしまう医師っているんですよね。-

nurse_01_01

nurse_01_02

nurse_01_03

nurse_01_04

続きを読む




転職すべきか迷ったら 医師の簡単自己チェック

提供:gooヘルスケア

転職すべきか迷ったら 医師の簡単自己チェック

自分の職場での満足度

 一日の大半を過ごす職場において、自分がどれだけやりがいを感じられているか、必要とされているかどうか自覚できているかによって、満足度は全く異なります。患者さんのために全力を尽くし、あるいは、臨床実験や研究に専心し、毎日大変だけれど、自分なりの喜びを感じられているのであれば、満足度については問題ないでしょう。
 
 なんとなく毎日流されているような気がしている方、自分が必要とされていないような気がする方は、思いきって転職を考えるのもひとつです。

労働条件と給与のバランス

 今の給与水準と、休日の取りやすさなどの労働条件を総合的に見た場合、現状に納得できているでしょうか。他の医師と比較する必要はありませんが、自分の働きや能力を振り返ったときに、適正に評価されていないと感じていることはないでしょうか。
 
 あまり気にならないという方は全く問題ありません。頻繁な緊急呼び出し等の臨時対応を迫られる一方で、それに見合うだけの報酬をいただけていないと感じているのであれば、転職を考える価値は十分にありそうです。結婚等の人生の転機に応じて、考えなおすことも必要かもしれません。

キャリアの将来性

 医師として、当初考えていた方向に確実に向かうことができているのであれば、全く問題ありません。また、想定外の方向に進んでいる方でも、やる気がみなぎる将来が期待できるのであれば問題ありません。
 
 例えば、自分の職場が、希望する専門のために必要な経験や症例が十分に積める環境かどうか、よくわからないと思っておられる方は要注意です。また、自らの経験や専門スキルを生かしたいのに、その機会に恵まれないということも、十分に転職の動機となりえます。
 
 変化を恐れて諦める前に、転職に備えて情報収集を開始してみることで、自分のキャリアを積極的に構築できるきっかけに出会えるかもしれません。

独立・開業の可能性

 医局や総合病院などの勤務医として、一生働き続けるのか、少しでも、独立や開業の可能性を考えたいのかによっても、転職の意義は異なってきます。
 
 キャリアアップを伴う転職は、将来につながる人脈作りにおいても、最大の財産となります。
 
 医師として何を重視したいのか、どのような経験がいつまでに必要なのか、独立・開業のタイミングをいつごろ考えているのか、など考えておいて無駄になることはありません。明確な目的に基づいた転職は、成功する確率が断然高くなるものです。
 医師は、毎日、多忙を極めておられる方が多く、ゆっくりと腰を据えて、将来の自分のキャリアについて、考える時間を確保することは難しいかもしれません。現在の職場を退職すること自体が大変困難な方や、転職のための準備に時間を割く余裕がないとお考えの方もおられるでしょう。
 
 時が経ってしまってから、後悔することがないよう、医師としての人生を最高のものにするために、いま改善したいことがあれば、少し貪欲に挑戦してみることも大切です。転職活動のための具体的なノウハウについては、第三者である専門家の協力が得られるところは、上手に活用するなど、前向きに取り組む方向で考えてみてはいかがでしょうか。

続きを読む




医師の人間関係。転職前に振り返りましょう

提供:gooヘルスケア

医師の人間関係。転職前に振り返りましょう

上司である医師との人間関係

 医局の人事権を持っている上司や勤務先病院での上司医師との拗れがあると、高確率で転職を考えるという結果になると言われています。
 
 医師が医局をでるということは、学会発表などで大幅なデメリットを受けることになるそうです。それでもなお、転職でプライベートを含め、環境が良くなると考えられるのであれば転職も選択の一つです。
 
 医師同士の人間関係のこじれ、特に上司である医師との関係悪化は程度と理由に寄りますが、お互いの譲れない意見での対立ということが多いと考えられます。ですから、転職する事で大きな環境の改善を見ることができます。しかし、医局の意思に反して転職を決意するということは医局を出る結果になります。そうなると、これまでの研究のテーマ―がやり直しになるなどキャリアアップに対してもリスクを背負うことを覚悟しましょう。

看護師との人間関係

 医師が人間関係のこじれを起こすことが多いのは看護師との人間関係のようです。現実的に医療と看護と言うのは、医療は完治したと言う結果が全てあるのに対して、看護は治っていく過程そのものです。そこにはある程度の意見の対立があるようです。
 
 特にベテラン看護師になると医学の知識を相応に修得している場合があり、医師の指示に疑問をもつこともあります。その結果、医師に対して反抗的な態度を取る場合があります。その時に、あなたが間違っていたとしたら素直に看護師の話を聞けるのでしょうか。
 
 また、病院組織の中で一番人数がいるのは看護師です。特定の看護師との対立の話は院内に早く広がるものです。ここで、そのトラブルが何故起こったのかもう一度考えてみる事をおすすめします。案外、相手の立場になって考えてみるとお互いが言いすぎたということがあるかもしれません。転職した先にも看護師さんがおり、また、人数も多いのであなた自身も何かを変えなければ、同じトラブルが発生する可能性は少なくありません。

患者との人間関係

 最近では、モンスターペイシェントと呼ばれる問題のある患者さんも増えていると言われています。医療に100%はありません。最悪な結果に対してあなたが誠実な対応をしたとしても、必ずしも患者さんが納得するとはかぎりません。モンスターペイシェントの問題では、あなたと患者さんと言うよりも、病院がその患者さんに対してどのような対応をするのかが問題となります。
 
 転職することで、該当するモンスターペイシェントから解放されますが、どの地域でもそのような問題が発生する可能性はゼロではないのです。
 
 ですから、今いる病院があなたを保護してくれているのであれば、もう一度その職場で働くということも一つの選択です。
 医師が人間関係を理由に転職を考える場合、その人間関係が悪化した相手が医療方針の問題で上司の医師だという場合は転職しか選択肢がないかもしれません。しかし、リスクが大きいということは理解しましょう。

続きを読む



転職するその前に!医師の転職事情~労働時間編~

提供:gooヘルスケア

転職するその前に!医師の転職事情~労働時間編~

過労死寸前、医師の平均労働時間の実態

 医師の職業は尊い命を守る職業として尊敬される職業で金銭的にも恵まれているイメージがあるかと思います。しかし、医師の労働環境は「ブラック企業」と同等な程過酷な条件の場所もあります。
 
 2006年の調査によると医師の労働時間は若い男性医師では週に80時間以上女性医師では75時間以上となっており、労働基準法の週40時間の規定を遥かに上回っています。また、国の定める過労死認定基準も大幅に上回っています。男性医師に関しては、全年代の医師が過労死認定基準を上回り、女性医師に関しても50歳までの医師は過労死認定基準を上回っているのが現状です。
 
 医師の職業は過酷な労働時間を強いられており、過労死してもおかしくない状態です。

医師の36時間連続勤務とは

 医師には宿当直勤務という所謂夜勤が存在します。大きな病院の勤務医や救急救命医であれば基本的に宿当直勤務を経験します。日本の医師の労働環境の実態は、昼間医師として勤務したあと、宿当直をこなし、翌日また昼間通常勤務を行うというパターンが多く存在し、連続36時間連続勤務が定常的に発生しているのです。労働時間の多さだけではなく、連続勤務を行っている実態が更に労働環境・労働時間の過酷さを上乗せする形になっています。

オンコール体制も時間を制約されている

 医師には休みの日や夜間でも緊急の際には呼び出しに応じ場合によっては出勤しなければならない場合が発生します。人間の命を預かる医師の職業としては当然の責務かもしれませんが、労働時間が更に上乗せされていることは明らかです。
 
 人の命を預かる医師が寝不足で倒れる寸前では医師の仕事を全うできるのでしょうか。人の命を守る尊い職業だからこそ、医師は万全の体調で職務に臨む必要があります。安全な医療のためにも労働時間の改善が医師の職業には必要な条件になっています。

お金より時間を

 過酷な労働時間を経験した医師が転職を考える時、重用視するポイントは労働時間の改善です。実際に転職を考える医師の約7割が労働環境の改善を1番に挙げているのです。転職理由の第1位は給料面となっていますが、実際に新しい職場に求める条件は時間を優先しているのが実態です。
 
 時間を求める理由は、家族や友人との時間を大切にしたいということや、勉強する時間が欲しい等が挙げられています。また、給料面と労働時間との兼ね合いもあります。残業手当が殆ど出ないにも関わらず、宿当直が多すぎる等の意見も寄せられています。
 医師の過酷な労働時間はご理解いただけたかと思います。もしも医師に転職を考えるなら、その前に労働環境の過酷さをよく考えてみる必要があります。確かに医師の職業は給料面でも恵まれていると言えますが、その分過酷な労働を強いられることが多いのです。

続きを読む



職場を変えて再スタート・医師が転職をする4つの目的とは

提供:gooヘルスケア

職場を変えて再スタート・医師が転職をする4つの目的とは

目的その1.今より高い年収を希望している

 医師のお給料は就職した雇用先から最初に受け取る額から変わることが少なく、お給料をどうにか上げて欲しいという希望を出してもなかなか思うようにはいかないのです。
 
 同じ職場にいてはお給料が上がらないのであれば、転職する他にありません。なぜなら新しい雇用先の病院とお給料の相談の際に、今現在働いている病院で受け取っている年収よりも多めに新しい雇用先が提示してくることが多いからです。
 
 したがって年収アップを目的とした転職を希望する医師が多くいるのです。

目的その2.自分のペースで働ける職場を希望している

 医師でも時間に追われて常に慌ただしい救急救命部門などに勤務していると、年月が経つにつれて心身ともに疲労が溜まってきてしまいます。若い医師は壮絶な現場で経験を積んでいくことに必死なので勉強になりますが、やはり長いこと続けていくには体力的、そして何よりも精神的に追い詰められていってしまうのです。
 
 自分自身が余裕を持って働ける職場を求めて転職を希望する医師の他にも、「もっと動きのある忙しい職場に移りたい」と落ち着いている職場から転職を希望する医師、両方のタイプが存在します。

目的その3.就業規則がある病院を希望している

 家庭を持って子供を抱える医師は、仕事との両立をはかるために就業規則がある病院への転職を希望するのです。フルタイムで医師が必要な病院では家に帰るどころか、自分自身の睡眠までも削って働くようなハードな毎日が待っています。これでは特に女性の医師が結婚や妊娠をする機会を得ることすらできなくなってしまいます。
 
 家庭との両立を試みる医師は、今よりも拘束時間が短く深夜勤務の制限・育児休業や託児所を設けている環境への移動が転職の目的です。

目的その4.Uターン転職を希望している

 人の人生は年齢によって大きな変化がやってきます。それは医師のキャリアにも大きく関係してくることなのです。若い世代は都会へ飛び出して行き、大きな総合病院で経験を積みキャリアを伸ばしていきますが、自分自身が年齢を重ねた時に自分を取り囲む環境、特に家族や故郷との縁が舞い戻ってくるのです。
 
 特に親や親族が高齢化すると、やはり頼られるのが医師の宿命でもあります。もし家族が重い病を患っていたら地元へUターン転職をすることで、自分が勤める病院へ通わせたり目の届く所で細かいケアをしてあげたいという目的があるのです。
 
 Uターン転職の主な目的は、親の介護や家族の重病など様々です。医療関係者や病院職員に「医療費減免制度」を設けている病院もあり、家族の高額な治療費もこの制度に適用されることもあるので経済面を考慮してあえてUターン転職を希望する医師もいます。
 医師の転職の目的は、他の職業と似たような理由のものから医療に携わる職業ならではのものまで様々です。今、転職を考えている医師の方はどのような目的を持って職場を変えようと思っているのでしょうか。その転職が医師として、より一層充実した生活に繋がることが何よりも大切なのです。

続きを読む



Sorry. No data so far.