30代医師の平均年収とボーナス

提供:gooヘルスケア

30代医師の平均年収とボーナス

勤務形態によってこんなにも違う年収

 医師の年収の全国平均は1,071万円と言われています。これは医師の専門、年齢、研修医、勤務医、開業医などで分けずに平均化した額です。こう聞くと高収入のように思われますが、都心部の大学病院に勤務している医師の年収は、この平均と比べても低いものになっています。研修医では300〜400万円、勤務医が20代後半から30代前半で500万円程度となっています。この実態を考えると大学の勤務医はかなり年収が低くなっていることが分かります。ただ大学の勤務医は、アルバイトをする人も多くいます。アルバイトも時給が一万円程度とかなり高額になっているので、月数十万円単位で稼ぐ医師も少なくありません。
 
 一般的な医師のキャリアパスとしては、 大学を卒業した後、研修医として働き、その後は大学病院に残るか市中病院に勤務をするか、開業するかを選択します。
 
 大学病院の場合は、講師で700万円、准教授で800万円、教授で1,000万円程度の年収と言われています。対して市中病院であれば5〜10年の勤務で1,000万円、部科長で1,500万円、院長になれば2,000万円と言われています。
 
 また開業した場合は、科によっても異なりますが、かなりの高年収になります。例えば、平均年収が高いとされる眼科では3,500万円程度、小児科では3,300万円程度、産婦人科や皮膚科、精神科は2,500万円程度、内科、耳鼻科が2,000万円程度となっています。全体としては、2,000万を超える高収入になり、勤務医と比べるとその額も2倍以上になります。もちろん開業する際には初期投資も必要ですし、リスクも高くなります。

意外と低いボーナスの実態

 医師の年収は高いというイメージがあり、実際にも平均すると会社員と比べ高収入だと言うことが分かります。しかしボーナスという点で見ると、そこまで高くなく、おおよそ1ヶ月分が相場となっています。もともと年収が高く月収も高いので、額だけを見るとかなりもらっているようにも見えますが、70万円から150万円程度で、月収と同じくらいか場合によっては月収を下回ることもあります。全国平均でも、年収が1,071万円、ボーナスが72万円で月収が83万円となっています。一般的には、ボーナスは月給の数ヶ月分が年に2回支給されるイメージがありますが、医師業界ではそのようなことはなく、月収は高いのですがボーナスはあまり支給されないのです。
 医師とひとくくりにしても、その勤務形態や科によっても大きく年収が異なってきています。30代となると、医師の世界では自分の専門や進路を見極めていく分岐点にもなります。将来的に年収も含めたどのようなキャリアパスを描きたいかを慎重に考える必要がありそうですね。


実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!

豹変医師【マンガ・看護師あるある】

提供:gooヘルスケア

-温厚で誰にでもでやさしく患者にも人気なのに、手術室では凶暴キャラに変わってしまう医師っているんですよね。-

nurse_01_01

nurse_01_02

nurse_01_03

nurse_01_04

続きを読む




要チェック!看護師の平均年収と給料アップに向けた転職のコツ

提供:gooヘルスケア

20代から30代の看護師の平均年収

 正看護師の年収で見た場合、20代の看護師の平均年収は、約380万円~437万円、30代の看護師の平均年収は、約450万円~466万円となっています。※厚生労働省、日本看護協会のデータより
 
 実際には、勤める病院・施設や夜勤の有無によっても、年収が大きく変わってくる場合があります。転職活動の際には、月々の給料や各種手当などの給与・労働条件を細かに確認し、実際の労働内容に比べて給料が高いか低いかを判断することも大切です。

好条件での転職に成功する秘訣

 転職をするための大きな動機が年収アップである場合でも、給料条件以外にチャレンジしてみたい専門分野や職種など、具体的な目標や希望を持ちあわせている看護師は、転職活動がスムーズになります。
 
 さらに、看護師専門の転職サイトやコンサルタントなど、無料で活用できるツールを用いて、様々な角度から情報収集をすることも欠かせません。転職活動時には、将来への不安やマイナスな気持ちを前向きな言葉に変えて表現することで、今まで気づかなかった理想の転職先に出会うチャンスを広げましょう。

続きを読む




平均年収のアップも可能な薬剤師の転職

提供:gooヘルスケア

勤務先によっても異なる薬剤師の平均年収

 平成26年度の薬剤師の平均年収は、賞与などの特別手当込みで、約531万円だそうです。月々の給料は、平均約38万円で、平均時給は約2,200円となります。※厚生労働省 賃金構造基本統計調査より
 
 勤務先別に平均年収を見てみると、病院薬剤師の平均年収は、約320万円~530万円、調剤薬局勤務の薬剤師の平均年収は、約380万円~510万円、ドラッグストア勤務の薬剤師の平均年収は、約400万円~700万円となっており、勤務先によって差が見られます。

転職で年収アップを実現するには

 平均年収と比較して、自分の給料や年収に疑問を抱いた方は、転職も視野に入れながら、将来のプランを考えるのもひとつです。
 転職には2種類あり、勤務エリアを変える転職と、勤務先の種類を変える転職に分かれます。
 年収アップを希望する方の中には、成果主義による給与制度を求めて、製薬会社の営業職を目指したり、ドラッグストアの店長クラスを目標とする人もいます。
 また、仕事内容は変えず、比較的年収が低めの都市部を離れて、平均年収が高めの自治体に移住し、転職する人もいます。
 
 転職活動の成功のカギは、正確な情報収集力と交渉力です。念願の転職先を見つけるために、薬剤師専門の転職サイトやコンサルタントを活用することも有益です。

続きを読む



薬剤師に人気の横浜エリア!給与と求人状況を知りたい

提供:gooヘルスケア

薬剤師に人気の横浜エリア!給与と求人状況を知りたい

薬剤師を求める調剤薬局の店舗数は県内最多!

 横浜市は、神奈川県内で調整薬局の店舗数が最も多い地域として知られています。調整薬局での薬剤師の主な仕事は、医師の処方箋に従って薬を調剤することや、患者さんの薬に対する質問に的確なアドバイスをするなどさまざま…。調整薬局で薬剤師の果たす役割は重要です。調整薬局で働くことは、薬剤師として充実したやりがいを持てる職種と言えます。横浜市が抱える人口に比例した病院の数も、調整薬局の数の多さの一因となっています。

職種が幅広い横浜市の求人状況

 薬剤師には、さまざまな職種や職場があります。横浜市には、調整薬局、ドラッグストア、病院・クリニックなどの求人が他の地域に比べて数多くあるのが特長です。他にも、企業が直接募集する産業薬剤師の求人も見逃せません。治験コーディネーター(CRC)や臨床開発に関われる職種など、薬剤師としてのスキルを活かせるステージが用意されています。また、横浜市は複数の企業や病院が薬剤師復職支援や再就職支援に力を入れており、転職希望の薬剤師を受け入れる体制が整っています。

横浜市で働く薬剤師の給与水準は?

 薬剤師の全国平均年収は、平成25年の統計で533万円とのこと。(厚生労働省抽出調査による)月収に換算すると37万円となります。一方、横浜市の調整薬局で働く薬剤師の平均年収は、約400万円から500万円で推移しているそうです。年来や性別で多少の違いはあるものの、ほぼ、全国平均年収と同じくらいの水準と言えます。横浜市の薬剤師の年収が全国平均年収とあまり格差がない背景には、薬剤師の重要に対して供給の割合が高いことが考えられます。横浜市で薬剤師として働きたいと希望する方がいかに多いかがわかりますね。

横浜市で働きたい!人気の理由は?

 「薬剤師として転職するなら、横浜市で働きたい!」という方が多いそうです。その理由として挙げられるのは、交通アクセスの利便性ではないでしょうか。横浜市は、さまざまな交通網が充実しており、首都圏からの通勤に便利な都市として知られています。また、大手ドラッグストアや大病院などが多く、薬剤師として安定した職場が期待できます。豊かな自然と都会的な雰囲気が共存する大都市横浜市。薬剤師のスキルを活かして長く働きたいと思うなら、横浜市が最適と言えるのではないでしょうか。
 異国情緒あふれるベイエリアとして人気の横浜市。都会の雰囲気の中で働きながら、仕事とプライベートを充実させることができます。横浜市は、幅色い職種のなかから、自分のスキルにあった薬剤師の求人を見つけることができるでしょう。

続きを読む



福岡での薬剤師の給与と求人状況を知りたい!

提供:gooヘルスケア

福岡での薬剤師の給与と求人状況を知りたい!

福岡での薬剤師の求人状況は?

 福岡には、薬剤師として職場を求める人が九州全体から集まってきます。また、福岡には、国立福岡大学や私立福岡大学、第一薬科大学など薬剤師を育てる有名な大学があります。将来の薬剤師を目指す学生が、福岡に集中していることも大きな特徴です。多くの人口を抱える福岡市や、人口密度の高い北九州市を中心に、都市部エリアに薬剤師の求人が多いと言えます。2010年に実施された国勢調査によると、福岡での薬剤師の数は約1万人とのこと。全国では第9位なります。そのうち、薬局に従事している薬剤師が約6000人と最も多く、次いで約2400人が病院や診療所に従事しているそうです。

福岡で働く薬剤師の職種は?

 福岡で働く薬剤師の職種で最も多いのが調整薬局などの薬局関連です。ドラッグストアや病院などを中心に、福岡県には薬剤師の求人が多くあります。福岡には、複数の病院や付属する調整薬局、大手ドラッグストアが立地しています。しかし一方で福岡の薬剤師の数は、東京などの都市圏と比較すると決して多い数ではありません。人口に対する薬剤師の数がまだまだ不足している状況と言えそうです。また、福岡での薬剤師の求人には、「住宅手当支給あり」や「週休二日制で土日休み」など条件のよい募集も数多くあるようです。

福岡で働く薬剤師の給与は?

 2013年度の厚生労働省の抽出調査によれば、薬剤師の全国平均年収は、約533万円という結果とのこと。薬剤師の年収は、都市部は低く、地方は高いという特長があります。福岡でも都市部と地方では年収に違いが見られます。福岡全体の平均年収は約540万円であるのに、福岡市では400万円から500万円、周辺の地方では平均を上回る年収の職種もあるそうです。また、職種や勤続年数、スキルなどによって給与には違いがあります。
 
 さまざまな職種で薬剤師の求人が多く見られる福岡。経験を重ねることで、年収をアップさせることも可能です。転職した当初は給与が平均を下回っていても、年数を重ねればスキルに見合った収入を得ることが可能だと言えそうです。

薬剤師から見た福岡の魅力

 平均年収は、全国平均からみてもさほど高いとは言えませんが、福岡で薬剤師として働きたい方は多いとのこと。九州全体から見ると、福岡は人口が周中している都市を抱える地域です。
 
 大都市と地方の魅力を両方とも併せ持ち、九州新幹線を始めとする多彩な陸路や福岡空港を利用する空路などの充実した交通網も福岡の魅力。また、周辺には観光地として多くの観光客が訪れる有名な温泉地や景勝地があります。豊かな自然を背景とした都会の雰囲気を持つ福岡なら、薬剤師として充実した毎日をおくることができそうですね。
 多くの人が暮らす福岡。薬剤師を求める多種多様な職種があります。薬剤師の募集では、新卒だけでなく経験を積んだスキルの高い方を対象にした求人も多く見られます。福岡なら、希望の条件に見合った薬剤師の職種に出会うことができますね。

続きを読む



Sorry. No data so far.