医師は意外に転職回数が多い職業

医師は意外に転職回数が多い職業

医師の転職回数の平均は4回?

 医師というと、初めに勤めた病院で定年まで勤めるか、独立開業するかのどちらかで、転職回数が少ないというイメージがあります。しかし、ある調査結果によると、医師全体では平均で4回程度の転職を経験したとの回答があったそうです。医師の転職市場は思ったよりも活発なものと言えます。
 
 転職回数が多くなるのは、30代から40代にかけてのようです。医師としての経験や実力を身につけた頃ですので、医師としての転機を迎える時期であり、このまま今の職場で働くか、独立開業をするのか、よりよい職場を求めて転職するか、と働き方を考える医師が多いと言えます。転職先でも即戦力となり、各医療機関でも最も求められている年代層と言えます。
 

転職回数が少ないのは大学病院の医局

 転職回数4回というのはあくまで平均ですので、転職回数が多い医師と少ない医師がいます。特に国立病院や大学病院の医局に入った医師は、転職回数がない、もしくは少ないというケースが多いようです。
 
 これは、慢性的な人手不足である大学病院では、転職をしようにも引き止められることが多く、辞めさせてくれないという事情があります。一方、民間病院や、診療所などでは比較的勤務していている医師が流動的で、転職市場も活発となっていると考えられます。
 

転職回数が多い医師は不利なのか

 転職回数が多い人は転職を重ねるにつれて、特に収入等の条件が悪くなる傾向があるようです。これはひとつの職場にいる期間が短いことから、転職先でも長く働いてはくれないのではないか、あるいは、問題がある人物ではないかと考えられ、条件の良い職場からは敬遠されてしまします。
 
 医師の場合も特に理由もなく転職回数が多い医師は、一般と同じように問題があるのではないかと判断される可能性があります。初めての転職で失敗したと感じた医師が、すぐに次の転職先を探すといった場合に、条件が狭まる可能性が高くなります。
 
 特殊な技術を持っている医師は、各医療機関で引く手あまたで、結果的に転職回数が多くなるという場合があります。この場合、医師がいちいち転職活動をするといよりも、派遣社員になるなどして職場選定や勤務条件等を含めたマネジメントをしてもらった方が、より実力を発揮できると考えられます。
 

その転職に理由があるのか

 医師が転職する主な理由として、キャリアアップを目指したい、収入や勤務条件をより良くしたい、ライフスタイルの変化に合わせた働き方をしたい、の3つが挙げられます。なぜ転職したいのか、転職しなければならない理由は何か、ということが相手にわかりやすく説明できるのであれば、転職回数が3〜4回程度でも問題はほとんどないと考えられます。
 
 特に女性の場合、結婚や出産、育児などでライフスタイルの変化が多いですが、その時々の状況の変化に合わせて働き方も変わっていきます。現在の職場で、変化に対応できないというのであれば、転職を検討することになると言われています。
 
 職場のミスマッチによる転職が多いという場合は、転職活動の仕方に問題があるのかもしれません。医師専門の転職コンサルタントに相談するなどして、自分のスキルと最適な働き方、職場環境など、的確なアドバイスを受けてミスマッチを防ぐようにしましょう。
 
 医師の転職はしっかりとした理由がある限り回数を気にしすぎることはありませんが、ミスマッチが理由の転職の繰り返しは防ぎたいところです。転職活動にあたっては、医師専門の転職コンサルタントやアドバイザーを利用し、情報提供やアドバイスを受けるなど、失敗のリスクをなるべくなくすようにすることが大切です。


実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!

豹変医師【マンガ・看護師あるある】

-温厚で誰にでもでやさしく患者にも人気なのに、手術室では凶暴キャラに変わってしまう医師っているんですよね。-

nurse_01_01

nurse_01_02

nurse_01_03

nurse_01_04

続きを読む




転職すべきか迷ったら 医師の簡単自己チェック

転職すべきか迷ったら 医師の簡単自己チェック

自分の職場での満足度

 一日の大半を過ごす職場において、自分がどれだけやりがいを感じられているか、必要とされているかどうか自覚できているかによって、満足度は全く異なります。患者さんのために全力を尽くし、あるいは、臨床実験や研究に専心し、毎日大変だけれど、自分なりの喜びを感じられているのであれば、満足度については問題ないでしょう。
 
 なんとなく毎日流されているような気がしている方、自分が必要とされていないような気がする方は、思いきって転職を考えるのもひとつです。

労働条件と給与のバランス

 今の給与水準と、休日の取りやすさなどの労働条件を総合的に見た場合、現状に納得できているでしょうか。他の医師と比較する必要はありませんが、自分の働きや能力を振り返ったときに、適正に評価されていないと感じていることはないでしょうか。
 
 あまり気にならないという方は全く問題ありません。頻繁な緊急呼び出し等の臨時対応を迫られる一方で、それに見合うだけの報酬をいただけていないと感じているのであれば、転職を考える価値は十分にありそうです。結婚等の人生の転機に応じて、考えなおすことも必要かもしれません。

キャリアの将来性

 医師として、当初考えていた方向に確実に向かうことができているのであれば、全く問題ありません。また、想定外の方向に進んでいる方でも、やる気がみなぎる将来が期待できるのであれば問題ありません。
 
 例えば、自分の職場が、希望する専門のために必要な経験や症例が十分に積める環境かどうか、よくわからないと思っておられる方は要注意です。また、自らの経験や専門スキルを生かしたいのに、その機会に恵まれないということも、十分に転職の動機となりえます。
 
 変化を恐れて諦める前に、転職に備えて情報収集を開始してみることで、自分のキャリアを積極的に構築できるきっかけに出会えるかもしれません。

独立・開業の可能性

 医局や総合病院などの勤務医として、一生働き続けるのか、少しでも、独立や開業の可能性を考えたいのかによっても、転職の意義は異なってきます。
 
 キャリアアップを伴う転職は、将来につながる人脈作りにおいても、最大の財産となります。
 
 医師として何を重視したいのか、どのような経験がいつまでに必要なのか、独立・開業のタイミングをいつごろ考えているのか、など考えておいて無駄になることはありません。明確な目的に基づいた転職は、成功する確率が断然高くなるものです。
 医師は、毎日、多忙を極めておられる方が多く、ゆっくりと腰を据えて、将来の自分のキャリアについて、考える時間を確保することは難しいかもしれません。現在の職場を退職すること自体が大変困難な方や、転職のための準備に時間を割く余裕がないとお考えの方もおられるでしょう。
 
 時が経ってしまってから、後悔することがないよう、医師としての人生を最高のものにするために、いま改善したいことがあれば、少し貪欲に挑戦してみることも大切です。転職活動のための具体的なノウハウについては、第三者である専門家の協力が得られるところは、上手に活用するなど、前向きに取り組む方向で考えてみてはいかがでしょうか。

続きを読む




医師の人間関係。転職前に振り返りましょう

医師の人間関係。転職前に振り返りましょう

上司である医師との人間関係

 医局の人事権を持っている上司や勤務先病院での上司医師との拗れがあると、高確率で転職を考えるという結果になると言われています。
 
 医師が医局をでるということは、学会発表などで大幅なデメリットを受けることになるそうです。それでもなお、転職でプライベートを含め、環境が良くなると考えられるのであれば転職も選択の一つです。
 
 医師同士の人間関係のこじれ、特に上司である医師との関係悪化は程度と理由に寄りますが、お互いの譲れない意見での対立ということが多いと考えられます。ですから、転職する事で大きな環境の改善を見ることができます。しかし、医局の意思に反して転職を決意するということは医局を出る結果になります。そうなると、これまでの研究のテーマ―がやり直しになるなどキャリアアップに対してもリスクを背負うことを覚悟しましょう。

看護師との人間関係

 医師が人間関係のこじれを起こすことが多いのは看護師との人間関係のようです。現実的に医療と看護と言うのは、医療は完治したと言う結果が全てあるのに対して、看護は治っていく過程そのものです。そこにはある程度の意見の対立があるようです。
 
 特にベテラン看護師になると医学の知識を相応に修得している場合があり、医師の指示に疑問をもつこともあります。その結果、医師に対して反抗的な態度を取る場合があります。その時に、あなたが間違っていたとしたら素直に看護師の話を聞けるのでしょうか。
 
 また、病院組織の中で一番人数がいるのは看護師です。特定の看護師との対立の話は院内に早く広がるものです。ここで、そのトラブルが何故起こったのかもう一度考えてみる事をおすすめします。案外、相手の立場になって考えてみるとお互いが言いすぎたということがあるかもしれません。転職した先にも看護師さんがおり、また、人数も多いのであなた自身も何かを変えなければ、同じトラブルが発生する可能性は少なくありません。

患者との人間関係

 最近では、モンスターペイシェントと呼ばれる問題のある患者さんも増えていると言われています。医療に100%はありません。最悪な結果に対してあなたが誠実な対応をしたとしても、必ずしも患者さんが納得するとはかぎりません。モンスターペイシェントの問題では、あなたと患者さんと言うよりも、病院がその患者さんに対してどのような対応をするのかが問題となります。
 
 転職することで、該当するモンスターペイシェントから解放されますが、どの地域でもそのような問題が発生する可能性はゼロではないのです。
 
 ですから、今いる病院があなたを保護してくれているのであれば、もう一度その職場で働くということも一つの選択です。
 医師が人間関係を理由に転職を考える場合、その人間関係が悪化した相手が医療方針の問題で上司の医師だという場合は転職しか選択肢がないかもしれません。しかし、リスクが大きいということは理解しましょう。

続きを読む



医師が転職を考えた時、相談するべき人とは

医師が転職を考えた時、相談するべき人とは

医局の先輩・上司に相談する場合

 最も多いと言われているのは医局の先輩・上司です。例えば、転職で医局を離れる場合は最終的には教授に話をしなくてはいけませんので、その道筋としても当然と言えるでしょう。しかし、親身になってくれる先輩・上司であっても同じ組織の人間です。一度は考えなおすことを勧められる可能性もあり得ます。その時にあなたの中で意思が定まっていなければ漠然とした不安の中で、いつもと同じ職場で過ごすことになります。しかし、確固たる意志があると相談相手に理解してもらえれば、先輩・上司の方には仕事上の伝手がありますので、その中でマッチングした転職先があれば紹介してくれる可能性が広がるかもしれません。
 

医師転職紹介会社に相談する場合

 一番オススメなのは、医師転職紹介会社です。なぜなら、新たな職場が万が一自分に合わなかった場合にもう一度転職することも可能だからです。医局の先輩・上司であるとその方の顔もありますので、なかなか再び辞めるのは難しいでしょう。転職紹介会社では、あなたを担当する転職エージェントを付けてくれます。
 
 また、複数社登録しても問題ありません。流れとしては転職エージェントと連絡を取り、色々な相談を通してあなた自身が転職において求めることを決めます。その後、紹介された案件の中で最適なものを見つけて応募、面接するという流れになります。

家族への相談はどのタイミングで

 家族に相談するという方は意外と少ないそうです。その理由としては、「心配をかけたくないから。」、「家族では病院の事がわからないから」などが挙げられます。確かに、家族が同じ医師でない限り、医師であるあなたと同じレベルで考えることはできないでしょう。しかし、もしあなたが転職したいと思うのであれば、その意思を家族に伝えるべきです。何故なら、あなたのその決断で家族の生活を変えることになるからです。さらに、転職を考えるほど悩んでいるあなたの手助けになりたいと家族は考えてくれるでしょう。前述した転職エージェントと面談する時も家族の協力があれば、連絡を取りやすくなります。転職エージェントとのやり取りは、なるべく現在の職場に見えない様にする方が適切なので郵便物の受け取り、場合によってはアポイントの中継などをお願いして見てはいかがでしょうか。
 
 医師が転職を考える際、相談する相手とは医師であるあなたの言葉を理解できる人間、すなわち同じ医師か転職支援を生業としている転職エージェントが最適ではないでしょうか? ただし、家族がいる方は転職によって家族の生活環境を変えることになる場合がありますので、家族にもあなたの意思を伝えましょう。一番おすすめなのは、家族に相談したうえで転職支援会社に連絡し、転職エージェントを派遣してもらうことです。 

続きを読む



公立病院で働く医師のやりがいとは

公立病院で働く医師のやりがいとは

公立病院とは

 公立病院は、地方公共団体が運営する病院のことを言います。例えば県立病院や市立病院が該当しており、地域に住む住民の医療を目的としています。もちろん地域以外の住民でも受診することはできます。公立病院には外科や内科の他、さまざまな診療科があり、特に地方では医療の中核として大切な役割を担っています。
 
 公立病院で働くスタッフは地方公務員に分類されます。もちろん医師も例外ではありません。公立病院では多くの科が設置されているので、さまざまな分野で医師として活躍することができます。
 

公立病院で働くやりがい

 公立病院で勤務する医師の平均収入は、2011年時点で約1500万円と言われています。もちろん全ての医師が高給なわけではありません。初任給は300万円から400万円が相場だそうです。公務員なので、働く年数に応じた昇給やボーナス、手厚い福利厚生が期待できます。年々給与が増えていくと考えるとモチベーションが上がりますね。
 
 公立病院はもともと地域住民の医療を目的につくられました。患者さんも地域の方々が中心になります。地域の方との密接なコミュニケーションも医師としてのやりがいではないでしょうか。
 

公立病院で働くには

 公立病院はほとんどの場合、地方自治体が運営している病院です。私立病院とは求人への応募方法が異なりますので確認しましょう。
 
 公立病院に応募する場合は、直接病院に連絡ではなく、ほとんどの場合地方自治体の総務課など、地方自治体で採用を扱っている部署に連絡をして応募する形になります。公務員なので、4月からの採用も多いですが、随時募集している病院もあるようです。
 
 他にも、公募情報を集めた転職サイトなどもあるので、うまく活用するのも良いですね。
 

続きを読む



Sorry. No data so far.