成功のカギを握る転職理由…失敗しがちな理由とは?

労働条件に関する理由には注意

 医師が転職を考える際の理由として挙げられるのは、過酷な労働条件です。特に、深夜勤務や休日出勤、時間外労働などに耐えられなくなって転職を考える医師が多いようです。転職理由としては妥当とも思えますが、転職で必ずしも改善されるとは限らないのが現実です。
 
 慢性的な医師不足に悩む病院が圧倒的に多く、いざ転職しても現状はあまり変わらないといった結果になる場合も…。医師として働くなら、ある程度の時間外労働は覚悟する必要があるのかもしれません。

曖昧な転職理由が失敗を招く

 人間関係のトラブルや悩みが原因で転職を考える場合は、転職理由が曖昧になりがちです。転職先に、「まさか人間関係が嫌で…」などとは告げられませんよね。そうなると転職したいけど、はっきりとした理由が見つからないということになりかねません。
 
 医師の仕事とは別の理由での転職は、失敗にも繋がります。万が一採用されても、転職先で良好な人間関係が築けるとは限らないからです。つまり、人間関係が原因の曖昧な転職理由は、転職の失敗に繋がる結果に。転職しても、また同じ結果を招く可能性が高いと言えるのです。

キャリアアップを望んでの転職は危険?

 転職理由として挙げられる「医師としてのキャリアアップを目指して…」は、転職先への期待が大きければ大きいほど失敗の可能性が高まるようです。現状に満足できす、転職したものの結局は同じ状況に陥る場合も考えられるからです。
 
 自分はなにを望んでいるのか、医師としてどうキャリアアップしたいのかを明確にする必要があります。転職することで、果たしてよい方向に転換できるのかを冷静に判断しましょう。その上で、最適な転職先を見つけることが大切です。

収入の不満を転職理由にしない

 給与などの収入に関する不満も、転職を決意させる理由として挙げられます。医師として現状よりさらなる年収アップを望むのは当然と言えます。しかし、収入面だけを転職理由とすると、失敗する結果になる可能性も。
 
 医師の仕事は、収入だけでは一概に判断できないものです。それぞれの得意な分野やスキルによって働く環境にも大きな違いがあります。さまざまな条件を明確にして、転職理由として考えてみることが大切なのではないでしょうか。
 転職理由は、それぞれの事情によって違いがあるものです。しかし、いざ転職と盲目になるのは危険です。抱えている問題は、転職しなければ解決できない問題なのでしょうか。
 転職に失敗しないためには、なぜ転職したいかを冷静に判断して、転職理由を明確にすることが重要なポイントと言えるでしょう。転職を考える際に参考にしてみてくださいね。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!