医師がキャリアアップにのぞむ10のマインド<br />

研究発表に必要なマインド 情熱・冷静・不屈

 医師のキャリアアップは、学習するだけでは叶いません。学会で研究成果を発表し認められる事でキャリアアップを目指せます。
 
 そのためには日夜、長時間の臨床の果てに研究を重ねていかなければならないのです。時には、非情なまでに冷静にデータと向き合い統計を取り、多忙を極める業務にも情熱を失わずに、明日の医療の進歩を信じて研究を続けます。
 
 命を扱う仕事なので、常にリスクと隣り合わせにいながらも不屈の心で進まなくてはいけません。
 

手術の名医を目指すマインド 繊細・慎重・大胆

 またキャリアアップの一つとして、特に外科医には手術の名医を目指すという道もあります。手術というのは一度始まってしまうと後には戻れないものです。一つの手術を行うにあたっては繊細で慎重にミスなく行う事が求められます。
 
 スキルアップは先天的な才能に加え、症例の経験によって得られます。研修中の手術シミュレーターはあくまでシミュレーターです。実際の症例とはどうしても解離があります。しかし、それを踏まえて、指導医のもと手術の経験を積んでいくしかスキルアップの道はないのです。
 
 さらに、より多くの症例が経験できるように留学をはじめ大胆に転職をするという決断も必要になる場合があります。
 

医局への貢献マインド 忍耐力・調整力

 医師のキャリアアップには医局への貢献も重要です。
 
 医局には多くの医師が存在します。その中でのキャリアアップとしては、研究、臨床評価もさることながら、組織への貢献、いわゆる年功が大きく左右することがあります。
 
 しかし、組織でのキャリアアップには必ずあなたを引き上げてくれる上司が必要です。上司と衝突ばかりしていてはたとえあなたが正しくても、その職場でのキャリアアップが難しくなる場合があるでしょう。時には折れる事、忍耐力が必要です。
 
 そして、人が集まるとそこには意見の衝突が大なり小なり起こります。お互いの意見を調整し、穏便に仕事が進められれば、仕事効率も良くなり、あなたの評価にもつながるでしょう。
 

開業して成功を収めるマインド 愛・行動力

 医局や大きな病院でポストを獲得するというのもキャリアアップに間違いはありません。しかし、開業をして地域医療に根ざすというのも医師として一つの成功ではないでしょうか。
 
 開業をした場合、まず必要なのは患者の評判です。そこには患者に対する愛がなければ人は集まりません。
 
 また、開業と言うのは、大きな資金が必要ですし、全ての責任が管理者にのしかかってきます。必然と色々な行動を要求されますので、それらをクリアする行動力が重要です。スタッフは行動力のある院長を尊敬しやりがいを覚えることによって雰囲気の良い職場は作られます。
 
 医師のキャリアアップには、研究成果を学会発表する、手術に代表される臨床スキルをあげる、医局や所属する病院で出世をする、開業をして院長となるという道があります。情熱・冷静・不屈・繊細・慎重・大胆・忍耐力・調整力・愛・行動力というマインドを持って仕事に臨むことができれば、キャリアアップへの道が開けるかもしれません。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!