在宅医療の担い手。訪問看護師の待遇と求人<br />

訪問看護師の気になる年収とお給料事情

 「訪問看護師は夜勤がなく手当も少ないのでは?」と思われがち。しかしこれは大きな勘違いです。
 日本の介護方針は、施設のサービスより在宅での医療介護サービスに重点をあて、在宅医療の充実を目指しています。
 そのため、訪問看護事業所の中には24時間態勢をとる事業所も多く存在しているのです。
 パートなら勤務時間を自由に決めることができますが、正社員の場合はローテーションを組み夜間勤務がある場合もあります。
 そのため、正社員には夜間勤務手当や特殊勤務手当が加算され、病棟勤務の看護師と同等の収入を得る看護師もいます。
 また、訪問看護師には医療機関からの転職者が多く、その分初任給から給与水準が高めです。
 臨床経験5年月給283,000円~303,000円年収433万円~457万円
 臨床経験10年300,000円~320,000円年収460万円~484万円
 (参考:セコム訪問看護ステーション)
 
 訪問看護師に転職を考えている場合は、しっかりと自分のキャリアをアピールし、好条件で転職できるよう用担当者と交渉するのも一案です。
 
 
 

訪問看護師の求人はこう探す

 訪問看護師の求人状況は慢性的な看護師不足と、優秀な人材を確保して事業所の価値をあげたい経営的理由から、常に多くの求人が存在しています。
 そのため、どのような方法で求職活動をすればよいのか迷ってしまうことも。
 そこで、訪問看護師の求人の探し方をいくつか紹介しましょう。
 
 1)求人広告で探す
 新聞の折り込み広告や求人フリーペーパーなどは配布される近隣の勤務地が掲載されている場合が多いです。大抵の広告はスペースの関係で詳しい職務内容は書かれていません。
 業務内容などを十分に確認する事が必要です。
 
 2)同系列の施設、病院に勤務している知人からの紹介
 施設によっては関連する病院や施設を複数持っているケースがあります。職場の雰囲気などの情報は一般にはでまわらないので、友人、知人から紹介してもらうのは失敗の少ない方法と言ってよいでしょう。ただし、責任を負わない偏った情報である事は十分理解しておく必要があります。
 
 3)看護師転職サイトをはじめとする人材紹介会社で探す
 短時間で勤務地や条件を絞れ、複数の施設を比較するのに転職サイトは便利です。
 福祉系の仕事は人員不足のため、多くの転職サイトで訪問看護師求人を抱えています。転職サイトでは看護師の希望によって細かい条件交渉を請け負ってもらえるため、好条件で転職を成功させることも可能です。
 
 
 
 福祉関係の職務は法律の改正が頻繁に行われており、業務の内容などが変わる場合があります。雇用先の事業展開によっては配属先や部署の異動により訪問看護師からデイサービスの看護師に・・・などのケースもあるようです。
 転職を考える際には、待遇面以外に職場の将来のビジョン、業務の拡大計画など事業所の将来性についても検討する事が大切です。
 
 
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!