本当に転職していいの?看護師がもう一度見直したい理由3つ

私は看護師に向いてないかも?と悩んでいる

 「先輩に叱られてばかりだし、このまま看護師を続けていてもいいのかな」とやる気を失いつつある新人看護師の方。慣れないことばかりで失敗を連続するのは、どんな社会人1年生にもあり得ることです。
 
 しかし、患者さんの命を預かる職業であるからこそ、新人だからといって間違ったことはできないのが当たり前ですよね。看護師になりたいという夢を叶えたのだから、ここを乗り切って早く一人前の看護師になりたいとは思いませんか?今のうちにきちんと習得しておかないと後々大変なことになってしまいますし、少しずつ業務をこなしていけるようになるはずです。
 
 一人で悩まずに同期同士で愚痴をこぼしたり悩みを語り合ったりするのも悪くありませんし、各ナースセンターでは、新人看護師の悩み相談も受け付けていますので、利用してみるとよいでしょう。

給料・待遇に不満がある

 仕事内容が厳しいのに対して、自分のもらっている給料が見合っていないのでは?と思っている看護師は少なくありません。他の病院と比較してみて少なすぎるという場合は、一度自分の給料明細によく目を通してみましょう。残業しているのに、残業代が全額支払われていないということはありませんか?
 
 できるだけよい給料で働きたいというのは、誰もが願うことです。しかし、給料面だけに注目して、転職を決めてしまってもよいのでしょうか?高い給料が提示されている求人は、忙しい職場である・責任の重い仕事を任されるなど、それなりの理由があるはずです。また、その金額には何が含まれているのかもよく確認する必要があります。

人間関係が辛い

 職場に派閥があってお互いがいがみ合っている、同僚・先輩からイジメを受けているといった、辛くて仕事に集中ができない状態にある方もいるでしょう。早くここから逃げ出そうと思ったら、その前に思い切って上司に相談してみましょう。看護師の勤務は常に多忙であるため、どの人もストレスを抱えてしまっていることがあり得ます。職場の人間関係の善し悪しは仕事に大きく影響しますので、職場のためを考えている上司であれば対策を考えてくれるはずです。
 
 残念ながらそこから逃げ出したとしても、職場の実際の雰囲気というのは外部からはよく見ることができないため、また同じような職場に転職してしまったというケースも無きにしも非ず・・・です。
 軽い気持ちでの転職にはリスクがつきものですし、度重なる転職はあまりよい印象を与えないため、改善策がある場合には少し踏みとどまってみてはいかがでしょうか。しかし、自分なりに努力してみたけれどもやはり改善されないという時には、もちろん無理をする必要はありませんので、思い切って転職をする方向で動いてみましょう。自分に合った環境が見つかって、看護師としてよりよい仕事ができるかもしれませんよ。
  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    紹介実績No.1

    97%が満足

    年間10万人が利用

    提供会社 エス・エム・エス
    求人数 140,000~
    対応エリア 全国

    看護師転職の最大手、まず最初に登録

    ナース人材バンクは、東証一部上場企業の医療業界支援会社エス・エム・エス社が提供する看護師転職支援サービスです。年間10万人が利用し、その満足度は非常に高く、信頼のおける運営をしています。

おすすめ

  1. クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル
    クリニックと病院勤務では何が違う? 転職前に知っておこう看護師の職場ごとの福利厚生や待遇のリアル
    看護師の仕事には、実は幅広い選択肢があります。病院かクリニック、訪問看…
  2. 看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた
    看護師の職場でありがちな悩み、どう解決?先輩ナースに聞いてみた
    患者さんやそのご家族、医師や師長、同僚と、看護師が毎日顔を合わせる人は…
  3. 年代ごとに重要なことも違う? 看護師が転職先を決めるためのポイント
    お金では解決しない環境が大切。転職前に師長の人柄を必ずチェックしよう!
    やっとの思いで転職したのに、いざ働いてみたらどうも合わない……。実際に…
  4. 転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール
    転職した看護師に聞いた!転職を決めた理由と転職活動のスケジュール
    職場の人間関係や院内の労働環境、ルール、待遇……どの病院でも何かしらの…
  5. 看護師の転職には優先順位が大切!失敗しない転職のコツとは?
    転職サイトで定着率をチェックし、病院見学はマスト!転職活動のポイント
    病棟かオペ室か、診療科の選択に始まり、退職金や保育所などの待遇や福利厚…