転職による「キャリアアップ」のメリットとデメリット

看護師は希望の職場を見つけやすいのか

 どこの医療機関でも看護師が慢性的に不足しているのが現状です。他業種に比べると、看護師は未だに「売り手市場」で、転職しやすい職種といえます。また、転職で年齢がネックになることはほとんどなく、逆に経験豊富なベテラン看護師として歓迎されることもあるでしょう。結婚や出産でブランクがある場合も、様々な復職プログラムが準備され、仕事に復帰しやすい環境が整っています。このような事情から、看護師は他業種に比べ希望の職場を見つけやすく、また、離職を回避するために労働条件が改善された高待遇の職場を見つけることも可能です。

看護師の転職にはマイナスイメージがない

 通常、転職回数が多いとマイナスイメージを持たれやすく、新たな職場を探すときの足かせになりかねませんが、看護師の場合、マイナスイメージを持たれることはあまりありません。むしろ、転職は「キャリアアップ」の手段として認識されており、プラスのイメージの方が強いといえるでしょう。どんな理由で転職したにせよ、色々な医療現場を経験することはプラスと考えるからなのかもしれません。実際、転職を重ねてキャリアアップを成功させている看護師は多く存在します。

転職先は病院とは限らないのか

 看護師が転職する場合、ほとんどが医療分野への転職になりますが、近年では看護師に求められる役割が変化しつつあります。そのため、転職先は病院の他にクリニック、訪問看護ステーション、介護施設、学校、企業、医療・治験コーディネーターなど多岐にわたります。特に、薬剤の開発業務受託機関で治験を進めるコーディネーター(CRC)は人気の職種です。看護師としての経験が活かせる上、新たなスキルを身につけることができ、夜勤や交代勤務がない環境で働けるのが魅力といえるでしょう。

転職による「キャリアアップ」のメリット

 看護師の転職のメリットは、より良い環境や待遇、人間関係のリセットなどが挙げられますが、転職による「キャリアアップ」のメリットとは何でしょう。進みたい分野の専門病院などに転職した場合、専門的なスキルを身につけることができるだけでなく、資格取得の準備期間として活用することができます。既に資格を取得している場合は、さらに上の資格を目指すこともでき、給与等の待遇面も良くなる可能性があります。新しい分野へ転職した場合は、看護師の経験を活かして新たなスキルを積み上げていくことができるでしょう。看護師は、ライフスタイルに合わせて転職することができ、また、ライフスタイルに合ったキャリアアップが望める職種といえます。

転職による「キャリアアップ」のデメリット

 転職にはマイナスイメージがあまりないとはいえ、メリットがあれば当然デメリットもあります。キャリアアップを望むということは、仕事への比重が大きくなることを意味します。従って、キャリアアップには家族の理解が不可欠です。転職だけでも環境が変わり、家族への負担は増えますが、加えてキャリアアップも望めば家族と過ごす時間は必然的に少なくなることが考えられます。また、資格取得のための勉強は仕事との両立が困難であるため、金銭的な負担が大きくなるでしょう。
 看護師の転職をはじめ、求められる役割やメリット、デメリットなどを幅広く考察してみました。メリットをより享受し、デメリットをなるべく避けるためには、キャリアプランが必要です。特に、転職をしてキャリアアップを望む場合は、明確なキャリアプランは不可欠でしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!