気になる30代薬剤師の平均年収

病院で働く30代薬剤師の年収

 若い薬剤師の就職先として人気がある病院薬剤師。実際に医療の現場のすぐそばで薬剤師の経験がつめることもあり、薬学部を卒業後就職先として選ぶ人が多い職場が病院です。病院で働く薬剤師の年収はどのような相場でしょうか。
 
 まず、30代入りたての30歳で平均年収は約390万円です。20代の平均が約320万円ですので、経験を重ねる分だけあがっているようです。35歳になると、平均年収は430万円ほどとなります。

調剤薬局で働く30代薬剤師の年収

 薬剤師の勤め先として大部分をしめる調剤薬局。医薬分業が進み、調剤薬局の数も増加傾向です。調剤薬局で働く30代薬剤師の平均年収はどのくらいでしょうか。
 
 30歳薬剤師の平均年収は、約410万円です。病院勤務の薬剤師よりやや高い程度です。35歳になると、平均年収は約430万円です。こちらも病院とそれほど変わらない水準です。20代の平均年収では、調剤薬局がやや高くなってますが、30代になるとその差はなくなるようです。

ドラッグストアで働く薬剤師

 ドラッグストアは全国的に増加傾向にあります。扱う医薬品のなかにも、薬剤師が在籍していないと販売できないものもあり、薬剤師がいる店舗を増やしたいと思う企業も多いです。ドラッグストアで働く薬剤師の、30代の平均年収を見てみます。
 
 30歳での平均年収は約490万円です。ドラッグストアでは薬剤師の需要が高く、その分年収も良い条件で雇用しているところが多いようです。35歳になると平均年収は約530円と、病院・調剤薬局とくらべても高い水準です。
 
 ドラッグストアの場合は、店長などの役職につくことで手当てが追加され、さらに年収をあげる薬剤師もいるようです。

薬剤師の年収に差をつけるもの

 薬剤師の年収の違いは、働く業態によっても変わりますが、他にも年収を左右する要因があります。
 
 まずは、働く地域です。一般的に薬剤師は都市部に多くいるため、薬剤師が不足する地方のほうが、収入が良い場合が多いようです。どの地域にも薬剤師の仕事はあるため、不足する地域のほうが好条件で薬剤師を獲得しようとしています。
 
 他に年収にかかわるのは資格です。管理薬剤師の資格が代表的です。また、薬学部の大学院を出て、修士号や博士号をとっていると年収が高くなる傾向にあります。
 もし年収額を上げたいと考えるのなら、職場を替えるという手もありますが、同じ職場で長く働いて勤続年数を増やすことで年収アップさせることもできます。資格にチャレンジすることも年収アップにつながります。また、将来開業を目指す人はそのために必要な経験を30代から考えておきましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!