薬剤師は老後も安心?!定年と再雇用についての実情とは

1.薬剤師の定年も他の職種と同じ

 薬剤師は働いている病院や薬局、ドラッグストアなどの雇用先によって定年する年齢に若干差があります。その多くが60歳を定年退職と設けています。しかし職場によっては常勤する薬剤師に多くの仕事を任せてきた場合、その後の引継ぎのことなどを踏まえて65歳前後、場所によってはそれ以上のご高齢の薬剤師でも再雇用されることがあります。しかし大手の企業などに努めている場合は、他の職種と同じくひとまずは60歳で定年退職となるパターンが一般的です。

2.一度退職してからの再雇用ってあるの?

 比較的大きな企業で薬剤師として働き定年を迎えると、嘱託という立場で再雇用をしてもらえる可能性があります。短期間の雇用とはなりますが、慣れ親しんだ職場で働き続けることができるメリットがあります。中小企業となってくると一度定年を迎えて退職をしてしまうと、自分で一から再就職先を探さなければいけません。しかし70歳前後であっても資格を持っている薬剤師の雇用率は同年代の一般男性よりもはるかに安定しているのが実情です。薬剤師免許を持っている退職者のほとんどが再雇用を希望するのも頷けます。

3.退職後の薬剤師が働きやすい職場とは

 定年退職後の薬剤師が求める職場の条件が「働きやすさ」です。都会勤務だった人でも退職後は地元の門前薬局やドラッグストアなどで再雇用されています。今では病院の数だけ門前薬局が存在し、比較的すぐに再就職先を見つけやすくパートタイムな時間割で自由が利くことも人気の理由です。ドラッグストアでは薬剤師の常勤が義務づけられているので、若いフレッシュなメンバーばかりではなく、経験値のある落ち着いた年齢層の薬剤師もお客さんからのリクエストがあるので再雇用が望めます。

4.定年後でも積極的に就職活動する方法とは

 定年後の再就職先を足を使って探すことはありません。顔なじみの薬局でパートとして雇ってもらえるように自己談判するのも一つの手です。しかしせっかく資格を持っている身なのだから、薬剤師専門の求人サイトや転職サイトを利用しましょう。求人広告などで自力で探すよりも、自分の要求に合った沢山の情報が簡単に手に入ります。定年退職後でも仲介サイトを通してならあらかじめ先方の条件を把握できるので、自分で探す手間と時間が省けます。効率よく自分の条件に合った再就職先を探しましょう。
 高齢になっても資格を持っている強みで再就職先が比較的決まりやすい薬剤師という仕事。定年を迎えても職場を変えて活躍している薬剤師は沢山いるのです。経験値の高さや人間的な落ち着きを武器に、定年退職後の働きやすい仕事場を見つけましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!