資格を活かして転職する?!臨床開発モニターの給与と求人

1.ご想像通り!お給料は平均より上!

 国の医療の最先端で働ける臨床開発モニターは、お給料は安定しており年齢が高くなるにつれて収入も上がっていきます。20代で年収500万円前後、30代で550万円前後、40代で600万円前後と、一般のサラリーマンの年収よりも上回っています。月収26万円前後+残業手当、賞与が2~4カ月ほど。年間通じてお給料の上り幅も10000万円ほどあるそうです。出生が早い人などは30代後半で1000万円以上の年収を叩きだす人もいます。

2.臨床開発モニターの仕事で収入アップは可能?

 臨床開発モニターの給料は仕事柄、一般職よりも高いことが分かります。ではそのお給料をもっと上げることは可能なのでしょうか。臨床開発モニターで収入アップを狙うためには、「専門知識」と「多くの経験」が必要です。臨床企画に参加したり、プロトコル作成に関わるプロジェクトに入るのが経験と専門知識を身に着けるための重要課題です。その他にも英語を取得することで国際共同治験の仕事などに携われることができるので、必然とお給料も経験と比例して上がっていきます。

3.なぜ臨床開発モニターの仕事は安定してるの?

 臨床開発モニターは高収入と安定が合わさった仕事です。しかしこの不景気の中、なぜ安定している仕事だと言えるのでしょうか。なぜなら私たちの生活には欠かすことができない医薬品が日々開発されていて、常に新薬の臨床開発が行われているのです。製薬会社も仕事を外部委託するようになり、臨床開発モニターの出番が増える一方なのです。新しい病気が発見される度に増えていく新薬の開発、臨床開発モニターはそんな未来に欠かすことのできない仕事なのです。

4.臨床開発モニターの求人を見つける方法とは

 安定と高収入、これからますます活躍の場が期待される臨床開発モニターになるには、「医療系の求人」から探す必要があります。臨床開発モニターは主に看護師や薬剤師など、医療に関わっている人の転職が一般的です。看護師の求人サイトなどを利用して様々な企業の情報を集めましょう。臨床開発モニターの仕事は正社員で雇わられたり派遣として働くことができます。キャリアアップを目指すならばその企業、または派遣会社の雇用契約などをしっかりと確認して自分に合った職場を見つけましょう。
 将来的に多くの活躍の場が期待される臨床開発モニターは、大変やりがいがあり収入面でも期待できる魅力的な仕事です。現在看護師や薬剤師、医療スタッフとして働いているけれど、もっと最先端の仕事に携わりたい人はぜひ臨床開発モニターとして私たちの未来を作っていきませんか?
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!