意外に知らない薬剤師の歴史。日本の歴史は浅い

世界的に見る薬剤師の歴史

 現代では、薬剤師が薬の処方などを担っていますが、薬剤師という地位が社会的に確立したのはいつのことなのでしょうか。実は、古代アラビアではすでに薬を処方する職業が認められていました。古代中国でも医師が薬剤師の仕事を担っていました。しかし、古代は宗教と医療の結びつきが強く科学として発展していない時代です。
 
 一般的に広く認識されている薬剤師の起源は、1240年ごろだと言われています。ヨーロッパの神聖ローマ帝国の時の皇帝フリードリッヒ2世によって、医者と薬剤師が明確に分業されたことがきっかけです。

日本の薬剤師の歴史は意外に浅い?

 日本を含め、東洋諸国では医者と薬剤師の分業は西洋諸国よりも少し遅れて行われました。日本は中国から伝わった漢方などを取り入れていたこともあり、薬による治療が昔から行われていました。明治以前は、まだまだ西洋の医学が取り入れられている段階であり、漢方での処方も根強く残っていました。そのため、医者がそのまま薬を処方するということが多く、医者と薬剤師の分業は明治以降に積極的に始まったのです。
 
 当時の明治政府は「富国強兵」を唱えドイツをモデルに憲法などを組み立てました。医学も同様に、ドイツの医学を模範にして、医者と薬剤師の医薬分業を積極的に推進されました。わずか10年で制度は撤廃されてしまいますが、薬局を出すのに必要な試験「薬舗主」が現在の薬剤師の原型とも言えます。その後、薬剤師の機能などを制定した「薬品営業竝薬品取扱規則」通称薬事法、薬剤師の身分を制定した「薬剤師法」が制定され現在に至ります。

ヨーロッパからみる薬剤師の現在

 薬剤師の起源はほとんどヨーロッパからといってよいでしょう。では現在ヨーロッパでの薬剤師の役割はどうなっているのでしょうか。薬剤師の役割は主に薬品の適切な管理や品質の管理を行うことで、社会的な地位も確立しています。日本よりも医療の分業化が進み、しっかりした地位があるということです。
 
 特にアメリカでは、日本の健康保険制度にあたる医療保険制度が高齢者など特定の人以外には適用されません。そのため、民間の医療保険に加入する方法しかなく、医療費も高額です。そのため、ドラッグストアなどの薬品の知識がある薬剤師は重宝されます。また欧米諸国では、薬剤師が補助的な役割として患者に薬物治療を行う取り組みも進められています。

日本における薬剤師とは

 現在の日本では、古来から医師が薬を処方することが多かったため、完全には医者と薬剤師の医療分業は行われていません。ですが制度の改正などにより、現在では医療分業が60パーセントを超えて進んでいる言われています。まだまだ日本における医療分業は発展段階だと言えます。
 現在、一般的に知られている病院やドラッグストアなどでの薬剤師の他、学校でも薬剤師を置くことが法律で定められています。さまざまな新薬が開発される中、今後日本での薬剤師の専門的な知識の必要性と医療分業は進んでいくことでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!