短期・単発アルバイトで働く薬剤師の働き方や年収とは

薬剤師の短期・単発アルバイトとは

 薬剤師でも長期のアルバイトやパートの募集は求人誌などで見たことがあるのではないでしょうか。短期や単発のアルバイトはどこで募集しているのでしょうか。短期・単発アルバイトは派遣会社に登録することによって紹介を受けることがほとんどです。
 
 派遣会社から紹介を受ける場合、派遣会社に雇用される形になります。派遣会社に雇用されるということは、給与の受け取りは派遣会社名義、保険などがある場合も派遣会社が加入先になるので注意が必要です。

短期・単発アルバイトの働き方と年収の話

 短期や単発アルバイトの薬剤師が行う業務内容は、調剤薬局などでの調剤業務やドラッグストアなどでの薬に関する相談などです。短期間であるため、長期間業務に縛られることもなく、自分の生活スタイルに合った仕事が可能です。短期アルバイトの場合、すぐに現場に対応できる即戦力が求められるため、薬剤師として2年以上の経験を求められることも多くあります。
 
 気になる年収ですが、勤務日数も異なるため人によってまちまちです。短期アルバイトを続けることで、400万円から800万円ほどの年収の薬剤師もいらっしゃいます。自給は2000円くらいが相場です。

短期・単発アルバイトのメリットとは

 短期でアルバイトできるメリットは、時間の融通がきくということです。通常、パートやアルバイト、または正社員は働く時間が決められていますが、短期・単発アルバイトでは自分の希望に合わせて働く時間を決めることができます。子育てや介護をしながらでも働くことができます。
 
 さらに、人間関係や職場環境など長期的に働くわけではないので、多少のことなら我慢することができます。正社員などは、職場環境が悪くてもすぐに退職することが難しいですが、短期であれば期間が決まっているので精神的に余裕ができます。

短期・単発アルバイトで注意したいこと

 短期や単発のアルバイトをする時に注意したいことの一つが福利厚生面です。週の勤務が正社員の4分の3くらいあって、長期的に働くのであれば社会保険などに加入することができます。しかし短期の場合は日数と時間によっては雇用保険の加入がないなど、状況によって変わりますので、保険の基準を知っておくとよいでしょう。
 
 さらに時期によっては働ける範囲が限られることもあります。たとえば大型連休で調剤薬局の休みが続く場合は、働ける日数も減るため月の給与も減ることが考えられます。
 短期・単発アルバイトは、空いた時間を有効に使えたり、プライベートとうまく両立したりできるというメリットがあります。ドラックストアなどで販売される薬も一部薬剤師の常駐が必要になったので、薬剤師の需要は増えてきているのが現状です。自分に必要な働き方によってうまく利用しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!