転職前に知っておきたい!薬剤師の働き方メリット・デメリット

パート・アルバイトで働くメリットとデメリット

 まず最初に、パート・アルバイトで働くメリットとしてあげられるのが、短時間勤務で時間の融通が利きやすいことです。お子さんのいる女性でも、パート・アルバイトであれば家庭と仕事の両立がしやすいですし、薬剤師免許を活かしてさらなるキャリアアップを目指している方も、働きながら勉強する時間を持つことができ、肉体的な負担を減らすことが可能です。そして次に、アルバイトとしては時給が比較的高い職業にあることです。短時間で高収入が得られるので、薬剤師資格を持っている人ならぜひ活かしたいところです。
 
 しかし、パート・アルバイトの勤務先は正社員に比べて限られているというデメリットがあります。パート・アルバイトの求人があるのは調剤薬局やドラッグストアがほとんどで、病院は少ないのが現状です。また、パート・アルバイトは正規雇用ではないため、パート・アルバイトとして勤務していた期間はキャリアとしてみなされないことがあります。長くパート・アルバイト勤務をしていて将来正社員として働く事を考えている人は、転職が難しくなる可能性があることを覚えておきましょう。

派遣で働くメリットとデメリット

 派遣社員として働くと、派遣会社には一般には公開されていない求人を含め多くの求人があるため、自分の希望する勤務条件に添った勤務先を探しやすいというメリットがあります。また、派遣社員は一つの企業への派遣期間が決まっており、契約が終了したら他の企業に派遣されるというスタイルになります。そのため、様々な企業で働くことができ、幅広い経験を積むことが可能ですし、契約終了後すぐに次の仕事をせずに、しばらく休暇をとるということもできます。
 
 しかし、このような雇用形態がデメリットになることもあります。契約期間中はやむを得ない事情でなければ仕事を辞めたくても辞めることができませんし、逆に、勤務している企業が気に入り、契約終了後も継続して働きたいと思っても、契約の延長がされない可能性があります。

正社員で働くメリットとデメリット

 薬剤師として正社員で働くメリットは、一旦採用されるとよほどの理由がない限り解雇されることがなく、安定した収入が得られることです。勤務先によりますが福利厚生や賞与があり、昇級の見込みもあります。それに加え、派遣やパート・アルバイト薬剤師に比べると責任のある仕事を任されることが多いため、やりがいを感じながら仕事をすることができます。
 
 一方、デメリットは必要に応じて休日・時間外勤務の可能性があるということです。パート・アルバイトや派遣社員よりも待遇がよい分、このようなリスクがあることを忘れてはいけません。勤務先によっては転勤の可能性も免れないため、家庭を持っている人や自宅から離れたくない人にとっては面倒な問題となってきます。
 同じ職場で働いていても、雇用形態が違うとこのような違いがあるのです。就職先を探す際の優先ポイントは人それぞれ違います。これらのメリット・デメリットがあることを踏まえ、自分はどのような働き方をしたいのかをよく考えて選ぶことが大切です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!