薬剤師の転職初心者必見、面接に必要な書類マニュアル

履歴書を書くときの基本

 履歴書を書くときのポイントは丁寧に直筆で書く事です。字に自信がなくても丁寧に書けば、それは面接官に通じます。書き損じは修正液や修正ペンなどを使わず書き直すことをお勧めいたします。写真はスナップ写真の切り抜きではなく、3か月以内の証明写真を使いましょう。あまり、現在の外見からかけ離れている写真は使用してはいけません。写真では口角が上っていると好印象を受けます。男性はスーツの一番下のボタンをはずして撮影するとスーツが着くずれしません。女性のメイクは清潔な印象を与える色を心掛けましょう。一度、コピーをして白黒で印象が悪くならないかチェックをするのがコツです。何故なら、多くの企業では履歴書をコピーして面接官に渡すからです。

履歴書志望動機・自己PRはしっかりと

 履歴書の中で最も面接官が重要視するのは志望動機と自己PRです。面接を受けている病院を何故選んだのかが明瞭でなくてはなりません。ただ、病院・薬局・企業の方針に感銘を受けたというだけではなく、方針のどの部分に感銘を受けたのか、この事業所でどのようなキャリアを積みたいのかを自分の言葉で書く必要があります。その為には、面接を受ける事業所に対しての情報収集が必須です。転職エージェントと契約している場合はエージェントから積極的に情報を収集しましょう。自己PRではその事業所で生かせる経験・スキルがあれば記載します。また、資格取得を目指しているのであればその事も記載しましょう。

職務経歴書の書き方

 職務経歴書は履歴書と違い、パソコンで作ります。決まった書式はありませんので見やすさを重要視します。ただし、名前だけは手書きで書きましょう。職務経歴書は時系列で記載する方法が一般的ですが、職務分野ごとに書く場合もあります。悩んだら時系列で書きましょう。薬剤師ならではの職務経歴書に書く内容としては、現在、もしくは以前の職場での処方箋の受付枚数と薬剤師の配置数と処方科目です。これらの事を書くことによって相手があなたの経験値を推量する一助となります。また、調剤業務ではなく企業での管理薬剤師としての経験がある方はその事も記載しましょう。調剤技術以外に薬事法・薬剤師法についても知識がある事をアピールになります。
 薬剤師転職希望者の履歴書、職務経歴書作成のポイントをご紹介しました。
 採用担当者側の立場になって、「どんな人材が欲しいのか」「面接の際、どんな情報が欲しいのか」を考えると自ずと履歴書、職務経歴書でアピールするべきポイントが見えてきます。
 採用担当者に、ご自分の経験、キャリアをしっかり売り込んでくださいね。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!