応募企業にマッチした落ちない職務経歴書の書き方

応募職場が求めるものとは

 中途採用者に求められるのは即戦力となる事です。その現場で求められる能力とは何かを把握し、自分がこれまで培ってきた経験の中からすぐに活かせることをアピールしましょう。いくら実績や経験があって活躍できる能力をもっていても、書類選考、面接という短期間の判断でアピール出来なければ必要な人材と認めて貰えません。
 
 重要なのはその職場で求められる能力とのマッチングです。その最初のチャンスが職務経歴書の書き方にあります。

実績の中から求められる能力をアピール

 前職の実績をわかりやすく、可能であれば数値化して表します。「ドラッグストア」であれば営業成績、「医療機関」「薬局」であれば取扱い処方箋枚数などを数値で説明しましょう。そのことで、職務能力を具体的に表現できて、豊富な経験をアピールできます。
 
 また円滑に業務を行う為の業務改善経験、利用者の立場にたったシステム改善の経験などを表す事で、応募企業で具体的に活躍するイメージを与える事ができます。薬剤師には、知識だけではなく「正確・迅速な調剤業務」「医薬品の管理」「職場のマネジメント」も求められます。またドラッグストアでは「営業能力」も求められるので、必要な能力を実績の中からアピールしましょう。
 
 そして利用者との「コミュニケーション能力」も非常に重視されます。接客・営業・服薬指導の中で心がけていたこと、利用者との信頼関係構築や、感謝をされたエピソードを具体的に記述しましょう。利用者の立場に立って課題を解決していく姿勢を表し、人間性もアピールしましょう。

職歴は偽りなく

 採用側は、長く働き続けられる人材を求めているため、職歴を短期間で転々としている人には不安を抱きます。しかし、悪印象を与えない為にも過去の職歴を詐称しないで下さい。もし採用後に過去の職歴が明らかになれば、大きく信頼を損ねることになります。医療業界は狭い世界でです。職場・地域が変わっても、薬局に出入りしている業者などは同じ担当者である事がよくあります。最悪の場合、解雇される可能性もありますので、職務経歴書は偽りなく正直に書きましょう。

退職理由を丁寧に前向きに記載する

 女性の場合、「出産」「育児」が理由であれば問題がありませんが、そうでない場合は退職理由に対して説明が必要になります。転職回数が多い場合は、まとめて書きたいところですが、一社ごとに丁寧に理由を書きましょう。
 
 それぞれの職場で何を学び、何を目指して退職を決意したかを、前向きな表現で説明して下さい。ネガティブな動機ではなく、前職で学んだ経験を元に前向きな動機が生まれて、新しいスタートを目指す事になった理由を簡潔にまとめましょう。

短所も長所に転化した志望動機

 前向きな動機で退職して、新しい学びの為のスタートをするという理由さえ説明出来れば「退職理由」「転職回数が多い」という事実が、逆に長所にもなります。その分だけ多くの職場で、経験を積んできた実績でもあるからです。
 
 それらの経験を踏まえて、応募企業でしかできない内容をアピールしましょう。「やりたいこと」を伝えるのではなく、その応募企業だからこそ、自分の能力を活かして貢献できるものを伝えることが大切です。
 どの様に表現したらいいか分からない方は、転職コンサルタントに相談すればいいでしょう。プロの目で、自分の職歴・実績の中から応募企業にとって好印象を与える職務履歴書へのアドバイスをして貰うことができます。
 
 希望する職場への採用の為に、ちょっとした打ち出し方の工夫してみて下さい。少し考えれば、今までの経験でも十分アピールすることは見つかります。そして、応募企業で何が貢献出来るかを考えるのは、アピールに留まらず自分を見つめなおし働き続けるモチベーションにもなるのではないでしょうか。どうか新たなステップとして、希望の転職を叶えていってください。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!