面接で落ちない薬剤師になるために、経歴別の面接対策

ドラッグストア勤務経験のある薬剤師

 ドラッグストアの薬剤師の一番の強みはOTC業務にあります。
 別の業種、例えば調剤薬局や病院の薬剤師に比べると、一般のお客さんと触れ合う機会が多く、処方箋などもない中でお客さんのニーズをヒアリングし、最適な商品を提案しなければ行けません。
 
 ドラッグストアによっては調剤業務も行うため、高いコミュニケーション能力と幅広い薬剤知識が必要となります。当然、転職時の面接ではその点をアピールすると、他の薬剤師に対して大きな差別化が出来るようになるはずです。調剤薬局や病院への転職を考えている場合には、特にその傾向が強いでしょう。
 
 同じドラックストアに転職する場合には、前職のドラッグストアと転職を考えているドラッグストアでは何が違うのかをはっきりさせましょう。給料が上がるとか通勤時間が短くなるというのも良いですが、客層が変わるとか、沢山のお客さんを相手に仕事ができるとか、前向きなポイント見つけられると良いです。

調剤薬局勤務経験のある薬剤師

 調剤薬局での勤務経験のある薬剤師の場合、調剤業務や服薬指導の実績などの中から、明確なアピールポイントを見つける必要があります。
 
 調剤では、以前働いていた職場でどのような薬を中心に扱っていたかが能力のアピールポイントになります。それらの知識がこれから働こうとしている現場にどう関わってくるのか、またこの現場で働くことが自分にとってどんな影響をあたえるのかなどについてしっかりと考えをまとめておきましょう。
 
 服薬指導というのも調剤薬局で働く上で身につく重要なスキルです。処方箋を見て、薬の効果を確認し、患者さんのニーズに答えていく。薬剤の影響については、細かな部分は医師でも把握できない事も多いので、自身の服薬指導によって患者さんにどんな影響を与えられたかなどを語れると高いポイントになります。

病院勤務の薬剤師

 病院薬剤師であれは、非常に幅広い種類の調剤業務の実績があるはずである。調剤薬局では扱わない注射液や点滴液、ガンなどの重病患者に用いる強力な薬剤など、薬剤師としての高いスキルが求められます。
 
 また、病院での勤務となれば看護師や医師と緊密な連携も重要になります。そのため、高いコミュニケーション能力も必要となるのです。コミュニケーション能力などは、病院以外でもあらゆる業務で必要になるため、同僚と緊密な連携が取れる能力があるというのは高いアピールポイントになるでしょう。
 
 調剤薬局やドラッグストアに比べると業務内容が大きく異なる部分も多く、「注射液や点滴液の製剤なんてうちではいらないよ」と言われればそれまでです。
 
 そう言った業務内容の違いをどうやって新しい職場で活かしていけるのかをきちんと主張できるようにしましょう。
 ドラッグストア、調剤薬局、病院。どの職場でも薬剤師は非常に重要な役割を担っています。業務内容はそれぞれ異なりますが、新しい職場と前の職場で大きく異なるのであれば、異なった視点を提供できる点をアピールできるのです。一方、似ているのなら蓄積された経験を強みに使い、自身の高いモチベーションを利用して、雇用側のメリットを主張すると良いでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!