資格頼りはNG 面接で落とされてしまう人の特徴

向上心がない

 向上心が感じられない人は面接で落とされる確率が高まります。
 
 薬剤師には並大抵の努力ではなれません。膨大な勉強量と知識量を持って薬剤師の資格を手にした人が大半ではないでしょうか。しかし、資格取得をゴールだと考え、資格が取れたからと言って勉強をやめてしまう人は薬剤師には不向きです。日々、新薬が開発され、治らないと言われている病気が薬で治るなどの医療技術が進歩し続ける中で、薬剤師としてステップアップするための勉強や知識の習得を貪欲に追求できる人かどうかを面接官は見ているのです。薬剤師しか受けることができない資格も数多くあります。そういった資格の取得に挑戦するなど薬剤師として常に向上心を持ちキャリアアップする姿勢があるのかどうか面接官は見ているのです。

協調性がない

 協調性が持てない人も面接では不採用になるケースが多いです。
 
 薬剤師は資格があれば単独プレイをしてよいとは限りません。薬局や病院など勤める組織が多ければ多いほど協調性が重要になります。患者に関する情報共有や薬の情報など、薬剤師には仲間内で共有しておくべきデリケートな情報がたくさんあり、すべて自分が握って自分勝手な振る舞いをする薬剤師はチームには不要ですよね。組織の中で働き続けるには、協調性は欠かすことができません。また、薬剤師自身の心の健康を保つためにも、組織に溶け込むことができる人材かどうかを面接官は見極めています。

コミュニケーション能力も必須条件

 薬剤師は、患者への服薬指導などで患者と接する機会も多いです。小さな病院や薬局になればなるほど患者との関わりは密になります。近年は薬局や病院が増えており、組織間の競争も激化しつつあります。そのなかで、他の組織との差別化を図るには患者とのコミュニケーションが重要です。病気や薬のことで不安を抱えた患者への服薬指導を強化する、事務的に薬を渡すだけの作業にならないように心がけるなどコミュニケーションをきちんととることのできる人材がどの組織もほしいのです。
 
 また、協調性にも関連しますが、仲間内での情報共有のためにもコミュニケーション能力は不可欠であるといえます。
 薬剤師の世界は、以前の超売り手市場ではなくなってきています。徐々に買い手市場にある情勢の中で、いかに自分の能力を発揮してキャリアアップしていくのかは薬剤師にとって重要なことです。
 
 資格に頼り過ぎず、初心に戻って薬剤師を志すに至った理由を思い出す、薬剤師にとって大事なことはどういうことなのかしっかり考えるなど、自分の考えをまとめたうえで面接に臨むことをおすすめします。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!