土日休みたい人必見!調剤以外に薬剤師の知識が生かせる職種

デスクワークが中心の企業の管理薬剤師

 医療機関や薬局と同様に、医薬品メーカー・医薬品卸・化学メーカーなどの医薬品を取り扱う企業にも事業所ごとに管理薬剤師を置くことが、薬事法によって義務付けられています。企業の管理薬剤師が医療機関や薬局の管理薬剤師と大きく異なるのは、調剤業務に携わらないという点でしょう。では、企業において管理薬剤師はどのような役割をするのでしょうか。
 
 企業の管理薬剤師の業務は企業によって異なりますが、主な業務には次のようなものがあります。
 ・製品の品質管理や分析業務
 ・情報を管理し、医療従事者や研究機関などに必要な情報を提供するDI業務
 ・薬事申請などの薬事業務
 ・行政機関への対応
 ・MR・MSの教育業務
 ・在庫管理・物流管理
 そのほか、資料・帳票の作成やファイリングなどの事務処理もあり、全般にデスクワークが中心となるでしょう。
 
 管理薬剤師になるための資格は必要なく、薬剤師の資格を持っていれば誰でも挑戦できる分野です。通常はまた、品質管理や情報管理という企業のなかでは重要なポジションであるため、給与水準が比較的高いといえます。

薬剤師の資格が武器になるMR・MS

 薬剤師の資格を生かして企業の営業職を目指すなら、MRやMSがあります。
 
 MR(Medical Representatives:医薬情報担当者)は製薬企業の営業職で、全国で5万人以上が従事する職種です。MRは医薬情報担当者という言葉通り、自社製品の普及をはかるだけでなく、医薬品の適正使用を促すために、医薬品の有効性や安全性などの情報を医師や薬剤師に提供することが主な仕事です。MRになるにはMR認定試験を受ける必要がありますが、MRの認定試験は薬剤師の資格を取得していると試験の一部が免除されます。
 
 一方、MS(Marketing Specialist:医薬品卸販売担当者)は医薬品卸売会社の営業担当者のことを指し、全国で2万人以上が活動しています。MSの主な仕事は、メーカーから仕入れた医薬品や医療機器などを医療従事者に安定供給することです。また、薬の有効性、医療制度、疾患等の流行状況などの情報提供を行ったり、市販後調査を行い製薬企業にフィードバックする役割もあります。多種多様の製品や情報を扱う必要があるため、より幅広い知識が必要な仕事です。
 
 MRやMSになるために薬剤師の資格は必要ありません。しかし、薬剤師の医薬品や制度に対する豊富な知識や調剤の業務経験は、MRやMSの大きな武器となります。

専門性が強い治験に関わる職種

 新薬の効果などを確かめるための治験に関わる職種には、治験コーディネーターと臨床開発モニターがあります。
 
 治験コーディネーター(CRC)は、医療機関や製薬会社、被治者との調整役として、治験がスムーズに実施できるようサポートする仕事です。主な業務内容は、
 ・医師のサポートやスケジュール管理
 ・被験者のケア(治験内容の説明、体調面や精神面のケア)
 ・製薬企業などの治験依頼者の対応
 ・治験に携わるチーム内の調整(ミーティングの事前準備やスケジュールの調整)
 などです。
 
 一方、臨床開発モニター(CRA)は、臨床試験が医薬品の臨床試験実施基準や臨床試験計画書に基づいて実施されていることを確認する仕事です。主な業務内容としては、
 ・医療機関の選定、契約などの手続き
 ・モニタリングに必要な書類作成、進捗管理
 ・試験結果のデータ収集や分析
 などがあります。
 
 主な勤務先は、治験業務を受託するCRO(受託臨床試験実施機関)や治験業務を支援するSMO(治験実施施設管理機関)が一般的です。
 
 治験コーディネーターや臨床開発モニターに特別な資格は必要ありませんが、専門的な業務であるため、求人の条件として薬剤師や看護師などの資格が求められます。
 薬剤師としての知識を生かせる職種としては、ほかにも化学品や化粧品メーカーなどの研究開発や品質管理、官庁や行政機関での仕事(公務員免許の取得が必要)、ドラッグストアなどがあります。求人情報をまめにチェックし、自分にあった転職先を見つけましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!