これからのキャリアプランをさぐるー50代以降

専門性にこだわった転職なら早めに動く

 臨床で長年の実績があり、残りの人生もその専門にかけたい、と思ったうえで転職を考えるなら、一日でも早く行動に移す必要があります。基本的に現在でも医師の世界は年功序列ですので、採用側からすると、現状の上司より年上の人員はなるべく避ける傾向にあります。もちろん役職付きではなく、臨床の第一線にずっと身を置きたいと考えているなら、転職できる可能性もありますが、やはり40代以上の新人はなかなか採用に繋がらないことが多いのです。
 
 特になり手の多い診療科を専門に持っている医師ならなおさらライバルも多く、「ライバル」と「自身や周囲の年齢」の両方と戦うことになりかねません。逆に、なり手の少ない診療科では非常勤の医師が多いケースもあり比較的転職時に年齢は影響しにくいことも考えられます。いずれにしても、なるべく早く動き始めることで、採用に繋がる可能性や実際に得られる年収の額には差異が出ることをふまえておきましょう。

定年までで引退するか、定年後も働くのか

 長く一つの医療機関にいると、退職金という概念のある機関が多いことに気づきます。もちろん非常勤など退職金の概念の少ない雇用形態もありますが、いずれにしても俗に言う「定年」が一つの基準となります。50代のうちから、どのように今後医師を続けていくのかと意識することで仕事にメリハリをつけて働くようになったり、今後の糧にもなります。
 
 ところで、30代から40代前半の転職であれば、賃金や雇用体系、専門性の違う部署に配置されることは苦になりにくいのですが、50代から自分の生活水準等を変えることは想像以上に難しいものです。ですので、60代以降も働くことを決めたのであれば、勤務時間に無理のない職場への転職や、非常勤になった時にどのよう泣収入が見込めるかなどを具体的にシュミレーションすることが大切です。また、スキルに関しても、何か新しい専門性を見つけたいと考えるなら50代のそれもできるだけ前半のうちに実行しましょう。

「年収」と「自分の時間」の兼ね合いはどうするか

 50代で残りの生涯賃金をいくらぐらいに想定するのか、と、今後体力や気力の低下があることをふまえて時間を制限し活動することはどうしても天秤にかけがちない問題であるといえ、大抵の人はどちらか一つを選ぶことになります。もちろんこの天秤は自身だけでなく家族のライフステージなどにも影響されます。
 
 どちらを選んでも問題になるということはありませんが、一人で決めずに周囲全体として方向性を合わせていくことは不可欠です。せめて身内の意思確認は常に意識しておくといいでしょう。
 定年制のある医療機関の場合、あと数年で退職を迎える50代。体調面での不安などから仕事に対する姿勢を日々変える必要も時には出てきます。そんな時に焦らない準備を、日頃から事細かに設定しておくとよいでしょう。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!