転職の考えを家族に伝えるベストなタイミングとは

早ければ早いほどいいか

 転職は、家族にとっても生活の変化につながる一大事です。転職を考え始めたら、パートナーには早い段階で相談しておきましょう。
 
 とはいえ、早ければ早いほどいいかというと、そうとは限りません。いくら資格職とはいえ、あまりに夢見勝ちだったり退職後のプランを考えていなかったりすると、家族から心配されてしまいます。まったく無計画の段階で転職を口にするのは、得策ではありません。
 
 転職の考えを家族に伝えるときは、現状の不満だけでなく、自分の目標や希望する転職先、転職のメリットなども合わせて伝えられるのが理想です。
 
 せっかくなら、家族には一番に理解し応援してもらいたいものです。転職先によっては、今以上に家族の協力をお願いすることになるかもしれません。そのため、家族への配慮も忘れないようにしましょう。

家族が心配することとは

 それでは、転職の考えを打ち明けられたとき、家族が心配になるのはどんなことでしょうか。
 
 まずは、家族自身の生活の変化です。特に影響があるのは、住宅問題。引っ越しはするのか、生活エリアは変わるのか、別居になるかどうかが一番の心配事となります。お子さんがいる場合は生活エリアは重要です。子どもが小さいうちは、できれば実家の近くが安心ですし、子育てしやすい環境かどうかは気になるところ。もう少し大きくなってくると、小学校、中学校の学区域が変わるかどうか、転校になるかどうかが関わってきます。高校、大学も自宅から通える範囲は限られますので、必ず相談が必要です。また、収入がどう変わるのかも家計に関わってくるところなので、家族にとっても大切なポイントでしょう。
 
 次に、あなたの生活の変化です。出勤時間や帰宅時間がどう変わるのか、当直や呼び出し、休日や長期休暇はどのくらいあるのか、忙しくてすれ違いの生活にならないかどうかも心配です。そして、もしかしたらあなたのやりがいや健康状態は大丈夫かどうかも心配されているかもしれません。
 
 あなたの転職ですが、家族にとっても直接的・間接的な影響があるということを忘れないでください。

家族に転職の考えを伝えるベストなタイミング

 したがって、家族に転職の考えを伝える前には、ほんの少しの準備をしておくといいでしょう。
 
 準備のひとつは、転職後のビジョンをイメージしておくこと。もうひとつは、自分と家族の生活が変化する可能性に配慮することです。
 
 この2つが考えられていれば、いつ転職の話を家族に切り出しても大丈夫。本格的に転職活動を始めるはその後でも遅くありません。
 
 伝え方も大切です。大切な話なので、家族とゆっくり会話する機会を持ってください。家族には早い段階から「いい職場が見つかれば転職したいと思っている」というスタンスで伝えておくといいでしょう。家族の意見も聞きながら、徐々に具体的に条件をしぼっていくのが理想的です。
 転職活動をするうえでも転職した後にも、身近な人が理解し応援してくれると心強いものです。自分一人で転職先を決めてしまう前に、少しでも家族に相談して家族の意見も聞いてみてください。自分にとっても家族にとっても納得できる転職をしましょう。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!