医師の転職 直接応募をする場合

自分で直接応募をする時のメリット

 直接応募のスタイルで転職する際の大きなメリットは、新しい職場に対して基本的には、何のしがらみも生じない、という点ではないでしょうか。もちろん、同じ業界にいる以上は多少の人間関係がついてまわることにはなりますが、新しい環境で働きたいと考える人に向いている方法だと言えるでしょう。
 
 さらに、勤務体制や報酬などといった、働く上での条件に対する交渉を人任せにすることなく、直接自分で交渉することができる点にも魅力があります。仕事にかかわること、自分に関することは納得がいくまで自分で話し合いたいというタイプの人なら、直接応募での条件交渉は良い転職への第一歩となるはずです。
 
 間接応募と比較すると、担当者との接触が当初から必須であり、職場や仕事内容のイメージがつかみやすく情報のすれ違いが発生しづらいことも、直接応募のメリットとしてあげることができます。
 
 臨床医・それ以外の職のどちらであっても、医師に求められる仕事は当然ながら専門性が高く、求人案件からだけでは十分な情報を知ることは困難です。人を通さないからこそ気軽に問い合わせられるとも言えますので、気になる求人をみつけたら、まずは問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

医師の求人募集・情報収集はどこで行うか

 ドクターに対する求人の多くは、医療機関からのものであり、職員募集はホームページ上などに掲載されることがあります。公立病院などの場合では、市や県などの公式ホームページに情報がまとめられていることもあるので、特定エリアで探す場合には参考にしてみてくださいね。
 
 また、医師に特化したタイプの転職サービスだけでなく、一般的な求人をまとめたwebサイトなどにも、ドクター向け求人が掲載されている場合もあります。どの医療機関・企業で求人があるのかを知ることができれば、直接問い合わせをしてみることで応募につなげることもできるかもしれません。
 
 ちょっとした空き時間に利用できるインターネット検索を利用する他には、地域のフリーペーパーなどの印刷媒体をチェックする方法が考えられます。市の広報などにも同じように募集が掲載される場合もあり、意外な縁へとつながる可能性もあるでしょう。

応募手段を選べるサービスの活用も考えて

 直接に応募をしたい人の選択肢から外れやすいのが、医師や医療従事者専門の転職サービスの利用です。多くの求人がまとまっており、探しやすいことは評価するけれど、それでもやはり自分で交渉を行いたい・直接応募にこだわりたいというケースでは、最初から利用を考えないのではないでしょうか。
 
 しかし、医師の・就業・転職に関わるサービスの中には、業者を通さずに直接応募することが選択できるものも存在します。登録や利用自体は特に負担となるわけではないのが転職サイトですから、ためしにこうしたシステムを活用してみるのもよいでしょう。案件により、直接応募を行うか、間接応募を選ぶかを選択することもでき、忙しい医師の転職にも役立てられます。
 仕事の合間に新しい職探しをすることは、代わる人のいない職場で働く医師にとって大変な労力を要することかもしれません。しかし、人命に関わることも多い職だけに、確認するべき事項もたくさんあり、責任を持って交渉したいと考えるドクターも多くなっています。利便性よりも自分の目や言葉に対する確実性を求めるなら、直接応募にこだわりをもって転職活動を実践するのがおすすめです。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!